コンビニ陳列ロボ「Model-T」誕生。ファミマとローソンに導入

ロボティクス企業のTelexistenceは、今夏よりファミリーマートとローソンで導入予定のロボット「Model-T」を開発しました。

遠隔操作によりコンビニでの商品陳列作業などを人間に代わって行なうことができるということです。

人間の生活領域で活躍

一般的にロボットが使用される工場ではなく、人間の生活領域に近い場所に廉価で普及させることを目的として開発されました。

Model-Tの名称は、大量生産を実現し、自動車普及のきっかけとなったT型フォードから着想したものだそうです。

小売業界におけるAugmented Workforce Platform(拡張労働基盤)を目指す半自律型遠隔操作ロボット。

操作員はVRデバイスでModel-Tを遠隔操作します。

遠隔操作時に問題となるオペレータとロボットの動きの誤差を小さくする制御ソフト、

VRの映像伝送で通信環境に高い負荷がかかってもデータ転送遅延を抑える通信制御、

多様な形状の商品に対応し、正確・迅速な商品陳列を可能にするというロボットハンドを備えます。

商品陳列業務を自動化

作業者への負担が重い商品陳列業務を遠隔・自動化することで、

インターネットがあれば安全にどこからでも店舗スタッフがロボット経由で作業可能。

新しい店舗オペレーション構築を目指します。。

ロボット本体は、コンビニなど狭い小売店舗空間で商品陳列作業を行なえるよう、胴体、アームに22自由度の関節を実装。

人間のように作業を行なえるため、店舗環境の改修を最小限に抑えることが可能となります。

通信遅延は、ロボット側のカメラから操縦者のディスプレイに表示されるまでの遅延として、世界最高水準とする50ms。

視覚と身体感覚のずれを最小限にしました。

ロボットハンドは汎用性が向上

ロボットハンドは、コンビニなど小売業の多様な形状の商品を把持するために特化した「Andrea-Yamaura End Effector」を開発。

真空吸引と2指グリッパーを1つのロボットハンドに組み込み、汎用性を向上しました。

6月にファミリーマート及びローソンでのコンビニ業務にロボットを導入することを発表しています。

今夏から都内のファミリーマートで実験的に商品陳列を開始。

ローソンでは「ローソン Model-T 東京ポートシティ竹芝店」をTelexistenceの子会社が直接加盟店オーナーとして運営。

日常的に商品陳列業務を実施します。

今後は、コンビニエンスストアにおける他店舗展開と並行し、

国内外のスーパーマーケットなどその他の小売セグメントへの導入を推進していくということです。

ネットの声

「AI信仰。人寄せパンダロボ。機械化妄想。人がいて更に人員カットが出来てコスパ出来るのか?陳列レベルのロボならいらない。そもそも、ロボットだけや無人化店舗に行きたい心理働かない。ヒューマンなやりとりを効率化だけで追求出来ない。小売業、ロボット化心理的作業的にも出来辛い。
商品価格上げて、人が賃金的にも働いてみようと思える施策を打つ政治が大事。安さ効率化のビフォアコロナの経済を変えるのがニューノーマルだと思う。」

「どんどん人間の働く場所が無くなってきた
陳列をロボット化するなら1台のロボットで清掃も陳列もその内出来るようになるんじゃないかねえ?」

「陳列だけしか出来ないロボットに投資とか全国の休まず働いてるオーナーさんたちちっとも救われないな。」

陳列「しか」できないロボット…とも言えそうです。

そうなるとお掃除ロボットも登場してくるでしょうね。

おすすめの記事