松竹芸能を退所したお笑いコンビ「TKO」の木下隆行が31日、自身のSNSを更新。

「事務所退社に伴い自らの発信の場としてYouTubeのチャンネルを開設させて頂きます」と新たな発信の場としてYouTubeへの動画投稿を行うことを明かしたのです。

ブログで発信

この日、新たに開設したオフィシャルブログ「僕とポコの日々」では「最初に、昨今のコロナウィルスの流行によりお亡くなりになられました皆様のご冥福を心よりお祈り致します」と新型コロナ禍の現状への思いをつづっていました。

そして、YouTubeチャンネル開設を知らせたのです。

ブログでは「愛犬ポコとの日々を更新していきたい」としている。さらに「失った信用を取り戻していけるよう全力で取り組みたいと思っていますので、今後ともよろしくお願い致します」と発信。

また、インスタグラム、ツイッターでもYouTubeチャンネル開設をアナウンスしています。

同日には新会社「UtREE」を設立し公式サイトも開設。

心機一転のスタートとなる動画は4月1日の午後6時にYouTubeチャンネルの「木下プロダクション」に投稿される予定です。

新会社設立も

新会社設立についてはサイト内で

「今までは、母親、木本、松竹芸能という『大きな木の下で』守られて、育ってきた48年でした。その居心地のよさに甘えて、自分で気づかないうちに、周りを気遣えなかったと思います」

と、自身の言動を反省。

続けて「いま、大きな木から飛び出して、1人でやっていくことになり、今までがどれだけ恵まれていたのか、実感している毎日です。木の下から 隆く 行く ために『UtREE』という会社を立ち上げました」と設立への思いを明かしています。

新たな挑戦への意気込みも…

「何ができるのか、何をしていいのか、毎日毎日不安でもあります。でもそれは、相方や会社に頼りきっていた自分への試練、前向きにとらえていければとも思っています。これからのTKOを、木下隆行を、よろしくお願いいたします」

と新たな挑戦への意気込みをつづっていました。

ネットの反応

「ははは、無理でしょ。昔からのファンは見ると思いますが、ファンでも何でも無い方は見る気も起こらないでしょ。ユーチューブ開設して、登録者数で余計にプライドがズタズタにならないように。」

「ホントの意味で「TKO」状態なのに、ようつべに流れるとか印象が更に悪くなる一方。比較的自由に発言・発信できるのは小さくないメリットだけど、やらかした内容が内容だからなぁ。」

「まず、時期を考えましょうね。どうみても、あなたを動画を見る余裕はないの。それに仕事復帰のチャンスをふいにした途端YOUTUBEを選ぶ時点で宮迫の二番煎じにしか思えない。どうせ1、2週間もしたら、反省の欠片もない振る舞いをするのでしょ。」

TKO木下は役者でニッチな役柄に徹するので似合っていると思いますけどね。ユーチューバーで需要があるのか…

おすすめの記事