食パン焼くために3万円払える?それでも売れてるんです!

一家に一台あると言われているのが「トースター」オーブントースターを使っている人もいるかもしれませんが、やっぱりトースターがあればひと味違うのです。そんなトースターが売れてるんですよ!

一点豪華主義の代表選手

バルミューダが2015年に「ザ・トースター」を発売しました。

それが発火点となったのか「枯れた」と思われていたトースター業界が再び熱を帯びているのです。

パナソニックや象印などの老舗の参戦だけではなく、急速に温まるアラジンの「グラファイトトースター」、シロカの「すばやき」などの新興メーカーも参戦しています。

家電と言えばシャープも過熱水蒸気調理だけで調理するコンパクトオーブン「ヘルシオグリエ」を売り出したのです。

そのような中、三菱電機が2019年4月に発売した「ブレッドオーブン」(実勢価格3万円前後)がヒットしています。

トースターというと「2枚焼き」や「4枚焼き」があって、ピザも焼ける庫内サイズがあるのかも重要な検討ポイントになる中で、なんと「1枚焼き」という先鋭的な仕様を引っさげての登場だったのです。


トースターとしては3万円を超える高額モデルです。

それがなぜヒットしているのか…

その原因は「一点豪華主義」に魅力を感じる、日本人の消費性向の変化にあると感じる人も少なくないでしょう。

トーストをいかにおいしく焼くか

三菱電機の「ブレッドオーブン」がなぜヒットしたのか。

その大きな要因は、「トーストのおいしさ」にあります。

電子レンジがオーブンレンジ、過熱水蒸気オーブンレンジなどに進化していく中、相変わらず多くの家庭でオーブントースターが利用され続けてきました。

しかし「パンを4枚焼きたい」、「ピザもまるごと焼きたい」といった要望に応えると庫内容量が大きくなって熱効率が悪くなり、主目的であるトーストのおいしさが損なわれてしまいます。

大型のオーブンレンジにもトースト機能を搭載しているモデルはあるのですが、ほぼ間違いなくおいしく焼くことができません。

それは庫内容量が大きすぎて熱の無駄が多くパンの中の水分が抜けてカラカラになってしまうためなのです。

焼けるとトーストが飛び出すポップアップトースターの人気が根強いのは、パンのすぐ近くにあるヒーターがパンの表面を素早く熱してくれるので、熱効率が良く水分が失われないため、おいしく焼けるからなのは間違いありません。

ブレッドオーブンは従来からあるトースターの形を根本から見直して設計されました。

上下に配置したホットプレートがパンを挟み込むだけでなく、しっかりとフタをして庫内を密閉します。

それによって庫内から熱や水分を逃がさないようにしたのです。

2枚焼きなども検討したようですが、トーストのおいしさを追求したことで1枚のみ焼ける仕様になったということです。

ブレッドオーブンで焼いたトーストはまるで焼きたての食パンのよう。

「外はサクッと、中はしっとりふんわり」

三菱電機はそのコンセプトを「生トースト」と打ち出していて、外をカリカリに仕上げる他社のトースターとは違う仕上がりになっているのです。

トーストを単に焼くだけでなく、具材をトッピングしたトッピングトースト、卵液に浸して焼くフレンチトーストなどもおいしく焼けるのも魅力です。

それまでフレンチトーストは「パンの食感が残っていておいしくない」と思っていた人手も、「スイーツにまで昇華した」と感じるほどに衝撃的なおいしさとなっていますよ。

時代は一点豪華主義に移ったのかも

ブレッドオーブンのような先鋭的な製品が登場している背景は「多機能化・高機能化ではない“一点豪華主義”へのニーズの変化」があると見ていいでしょう。

戦後から数十年、日本のものづくりは多機能化・茎農家、さらには軽薄短小化の流れで進んできました。これはこれでものづくり日本の真骨頂でもあったのです。

しかし、人々のライフスタイルも変わり、家族全員がリビングに集まって一緒にテレビを見る時代は過ぎ去りました。

自室でテレビを見て、ネット動画、SNSを楽しむなど、ライフスタイルの変化とともに使う機器も進化してきたのです。

そのような中で、多くの人が欲しいと思うような「最大公約数的なものづくり」では消費者ニーズをうまく捉えることが難しい時代になったのです。

そのため、一人ひとりのニーズを満たすものが好まれる時代になってきたといっていいのかもしれません。


多くの人が可もなく不可もなくと考えるものよりも、賛否が分かれるくらい突き抜けていて、高くても一定数のニーズがあるもの、つまりは「一点豪華主義」的なものに注目が集まる時代になったということです。

ネットの声

「スマホの機種変に大枚はたくよりも、毎日使うトースターの2~3万にお金をかけるのも悪くない選択だと思います。」

「会社が利益をどんどん出して成長できるかは別の話だけど、こんな個性的な家電は好き」

「う~んトースト焼くだけで3万円か…それでも欲しい人は買うんだろうな」

これからのトレンドは「おひとり様家電」かも!コンセプトを明確にしたものがどんどんヒットしていますよ。

おすすめの記事