かなり怒ってるらしい…小池都政がカンニング竹山に抗議文

激オコな小池都政が“辛口”カンニング竹山に前代未聞の「猛抗議文」を送りつけていた!

東京都がカンニング竹山に対し、番組内での発言の訂正を求める抗議文を送付していたというのです。

行政機関による個人への抗議は言論封殺と取られかねず、今後、波紋を広げる可能性があります。

発言に対して抗議

都が問題視するのは、先月28日の生放送「アッコにおまかせ!」(TBS系)での竹山の発言。

都の変異株検査数が少ない現状を批判した上で、小池都知事が出演したユーチューブの広報動画について、こう指摘したのです。

「制作に4.7億円かかってるんですよ。全部じゃないけど、そのうちの一本に4.7億円の税金が使われている」

その数分後、竹山は事実誤認に気付き、「4.7億円は、動画制作費ではなく、広告費全体の経費でした」と訂正。

「すみません」と謝罪していました。

竹山が言う「4.7億円」とは昨年、緊急事態宣言が解除された5月から9月までに、都が計上した広告費の総額。

動画制作費だけでなく、テレビCMの費用、WEB広告出稿費なども含まれます。

感染拡大防止を呼び掛けるため制作した動画には、小池氏自身がユーチューバーのフワちゃんと対談するものもありました。

昨夏、上田令子都議の調べで発覚し「こんな広告に億単位の都税をつぎ込んでいいのか」といった批判が噴出していたのです。

一定期間の広告費に計4.7億円を費やしたのは事実ですが、都は竹山発言に即反応。

放送の翌日(29日)、TBSと竹山の所属事務所「サンミュージック」に発言の訂正を求める抗議文を送ったのです。

訂正したのに、さらなる訂正を要求

都に問い合わせると、「動画の制作にかかった費用は計1800万円。4.7億円かかった事実はない。訂正を求めるため抗議文を送付した」(政策企画局)と回答。

しかし、竹山は番組内で発言を訂正しています。

そう問いただすと「4.7億円という数字が独り歩きし、都庁に抗議電話が殺到し迷惑している。正しい情報発信をしてもらうためにも抗議が必要と判断した」(同)というのです。

TBSは書面で、〈出演者の発言に誤りがあると放送中に番組担当者が気付き、番組の後半で訂正致しました〉と答えたのですが、抗議文が届いた事実については回答しませんでした。

サンミュージックからは「お答えできません」(広報担当者)とだけ連絡があったのです。

個人攻撃は前代未聞

竹山といえば、テレビやネットで都政への不満を爆発。

舌鋒鋭く「小池さんは何もやってない!」と批判する「辛口コメント」が売り。

それだけに、都民ファーストの会の都議からSNSを通じて名指しで批判されたこともあります。

小池都政に疎まれる存在とはいえ、タレント一人を掴まえて、「発言を訂正しろ」と抗議するとは、大人げない。

前代未聞の異常な感覚といっていいでしょう。

「行政機関が一個人の発言をとがめるなど、あってはならないこと。自由な言論を制限する由々しき事態です。特に、都を厳しく批判する竹山氏の発言を制する行為は、『余計なことを言うな』と圧力をかけているように映る。現場職員の苦労も一定程度は理解できます。しかし、曲がりなりにも首都を預かる行政機関なら、批判をキチンと受け止め、真摯に説明を尽くすべきでしょう」(法大名誉教授の須藤春夫氏=メディア論)

ネットの声

「辛口と言うより軽率な発言だったのでは?間違った側が数字金額に重きを置かないのであれば、無駄に金が使われた と批判すれば済むことを ○○億円も使われてダメだ! と批判するなら数字には細心の注意を払わないと。」

「テレビでの発現は、後で訂正したら、全てチャラになるなんて軽いものではない。ビデオもなかった時代ならまだしも、訂正しようがその部分はずっと残るし拡散する。「後から訂正すればいいから、思いつきや裏が取れてなくても言ってしまえ。」という芸能人が多すぎる。」

「訂正したつもりなんだけど訂正が効いてないから勘違いしたやつから抗議がくるわけで。簡単に一言訂正したからはい終わりではないと思う。それくらいあんたらの仕事には責任あると思いますよ。全国に向けて間違った情報発信してんだからしっかりしてください。」

誤情報でかなり東京都に抗議の電話があったみたいです。今後を考えると当然の処置でしょう。



おすすめの記事