給料は関係ない!?お金を貯める3つのこと…夫婦共働き世帯限定ですが…

夫婦共働き世帯が増えてきていますが、世帯としてしっかりとお金が貯まっている家計には、ある共通点がありました。

今回はお金がたまる家計に共通する3つのポイントをご紹介します。

「財布はひとつ」

お金が貯まる家計は、「お財布がひとつ」であることが多く見受けられます。

夫婦の収入を合わせて、そこから固定費、生活費、貯蓄の管理しています。

家計簿アプリの共有機能をなどを利用して、収支、貯蓄の状況をいつでもお互いが把握できるようにしている家計も、その特徴として挙げられます。

家計がお互い見えることで、一つの家計を守る意識が高まります。

ライフプランやライフイベントも一緒に考えて準備をすることができるので、

「夫婦が情報を共有できる」
「目標に向かって協力できる」
「お互いを尊重しながら話し合う姿勢がもてる」

などの傾向が見られるのです。

たとえ世帯年収が少なくても、しっかり貯蓄をしながら夢を育くんでいるのが、財布をひとつにしている家計の特徴と言えるでしょう。

「どちらか一方の収入はほぼ貯蓄」

人生の中で最も貯めどきと言われているのが、「夫婦共働き子どもなしのDINKS世帯」です。

世帯収入が多いのも特徴ですが、この貯めどきをしっかりと理解することが大切。

そして、どちらか一方の給料をほぼ貯蓄にしている家計は、世帯貯蓄を大きく伸ばしている傾向があります。

このように一方の収入でやりくりする理由は、貯蓄額を早く増やすというのが一番の理由です。

そして、どちらか一方の収入が無くなってしまったとしても、生活ができるように備えるためでもあるのです。

夫婦共働き子どもなしのDINKS世帯は、出産育児などで収入が減り、貯蓄スピードも減速することも念頭に入れた、先々のライフイベントを見据えた貯蓄方法とも言えるでしょう。

「家事分担ができている」

「お財布はひとつ」
「どちらか一方の収入はほぼ貯蓄」

となると、どうしても気になるのが家事分担。

共働きをしながら、夫と妻の家事分担割合や子育て割合が、どちらか一方に大きく負担がかかるようでは、不公平に感じてしまいます。

家計以前に家庭がうまくいかなくなりがちです。

うまくいっている家庭の基本的な家事割合は5:5です。

収入やその時の状況に応じて割合を変えるなどの柔軟性があります。

この柔軟性の中には「思いやり」が含まれているのは間違いありません。

収入が多くてもお金が貯まらない家計はたくさんありますし、一方で世帯収入が低くてもしっかりと貯蓄をしている家計もたくさんあります。

家計が厳しくなっている状況下では、「ひとつの財布」と「家事分担割合」を決めて、やりくりをしてみてはどうでしょうか。

ネットの反応

「お金はあるにこしたことないけど、お金ある=幸せや夫婦円満ではない。貯めるだけためて使わないで死んだらすごく後悔する。遺産として相続で子供のためになるかもしれないけどそれが争いやトラブルのもとになる例もたくさんある。あくまで参考、できる程度で実行するか、記事を鵜?みに夫婦家族ギスギスの不満我慢の連続でも耐えられる精神と実行力、自信ある方はどうぞ。」

「仕事がらいろいろな人を見ているが、基本的に貯蓄ができるとこって引き算の家計、貯蓄ができないとこは足し算の家計だね。前者は予算を決めてそこから取捨して金を使うところを決めていく。後者は必要なものを積み上げていく。後者の場合、ほぼ貯金はたまらない。」

「どちから一方のお金はほぼ貯金。女がキャリア欲しくて仕事してるのは少数。生活出来ないから仕事してる。1人馬力で稼いだ男の話は半世紀前なんで。」

どちらかを貯金というのが理想なのですが、その前にサイフを一つにするのが一苦労なのでは…。

おすすめの記事