渡部とは対照的…三浦友和の場合…って比較するのもおこがましい!

渡部建とは対照的 三浦友和は「西部警察」地方ロケでの夜遊びも断っていた。

アンジャッシュの渡部建(47)が8本のレギュラーを持つテレビ各局に出演自粛を申し入れました。

視聴者が不快に思うようなスキャンダルを起こし、「番組に迷惑をかけたくない」と自粛理由を明かしたのです。

週刊誌に暴露されたのはやはり女性問題でした。

渡部は2017年に美人女優の佐々木希(32)と結婚。

もうすぐ2歳になる男児がいます。

“グルメ王”として女性の好感度も高かっただけに、イメージダウンの大きさは計り知れません。

女性向けの番組出演もあり、復帰については難しい問題も出てきそうです。

有名人だからというわけではないが…

有名芸能人の女性と結婚したのだから、その私生活には本当に気を付けなければなりません。

杏と別居中の東出昌大は一気に仕事がなくなりました。

自分から「すべてを失った」と漏らしたほどです。

杏とは着実に離婚へ向かっているように見えます。

芸の肥やしと擁護する声もありますが、渡部や東出には「覚悟が足りない」と声を大にして言ってもいいでしょう。

三浦友和の場合

三浦友和は、アイドル絶頂期の山口百恵と結婚したのは誰もが知っています。

だから、「絶対に浮気しない」と決意し、それを貫いてきました。

石原プロ制作の「西部警察」に三浦友和がレギュラー出演していた時のこと。

めったに地方ロケに参加することのない故・石原裕次郎さんが来て、撮影が終わるとすぐに裕次郎さんだけが帰京したことがありました。

その他の出演者とスタッフはロケが続くのですが、石原プロ側は出演者とスタッフ全員分の「夜の盛り場代を置いていった」とみんなに伝えたのです。

その日のロケの終わりに全員が大盛り上がりする中、三浦友和は「僕は女房がいるので、そこには行きません」と言い出したそうです。

地方で羽目を外そうとする共演者に冷水を浴びせる一言でした。

少しくらいなら…

全員がノッているのだから一緒に盛り場に繰り出せばいい…中へ入って一杯飲んで帰る手もあったかもしれません。

しかし、「誤解」を受けるような行動はしないと決めていたのです。

一般人同士の結婚でも浮気はまずいのは当然です。

有名人同士の結婚で、それがイメージアップにつながっているのは間違いありません。

反対に、浮気が見つかれば仕事に大きな影響が出ることは百も承知のはず。

妻を愛し続けるという三浦友和の行動は、結果として山口百恵という一人の女性を「伝説」にしました。

一方、渡部と東出は、自分たちの妻の評価を「夫に浮気された女優」と下げてしまったのです。

だからこそ、2人には「覚悟を持って結婚すべきだった」と言わずにはいられません。

ネットの声

「三浦友和さんには、こうして露出することで間接的にでも息子の芸能活動をサポートしてやろうとする親心を感じます。さすがだ。」

「確かにおっしゃる通り。覚悟が足りない、結婚式で誓ったはずなのにバレなければ問題なし、バレないだろうとあう甘さが浮気に繋がりますね。」

「人前に立ちイメージが大切な仕事なのだから自覚を持ち三浦さんくらいにするのが本当だと思う。よく芸能人にはプライバシーはないのか?という人がいるけどその対価として普通では考えられないお金を稼げてるのです。プライバシーを守りつつ遊びたいのなら少なくても渡部さんのように安いことはすべきでないと思います。結局、相手からのリークでしょ?」

三浦友和の話を渡部の件と照らしあわせるのはかなり失礼かも…

おすすめの記事