当節、悪所通いを豪快に笑ってひけらかしたりすれば即アウト。

しかし、そんな向きのほうがまだマシと感じるほど、俳優、松坂桃李(30)の手癖は悪かったようです。

涼しい顔で禁じられたプレーに勤しんでいるようですよ。

爽やかどころか気持ち悪い!?

彼は、役者として脂の乗った時期にあります。

映画関連で新人が獲る賞はあらかた手にしたし、NHKの朝ドラ「わろてんか」ではメインキャスト。

さらに立て続けに3本の主演作が公開。

なかでも「孤狼の血」では骨太の役をこなし、一気に評価を上げました。

しかし、そんな彼の評価が芳しくない場所があるのです。

まずはその声を紹介しましょう。

「もともとあの人には爽やかなイメージを持っていたのですが、本当に気持ち悪くて……。もう二度と接客したくないです」

いまや松坂といえば桃李。

その男にこれだけ厳しい言葉を投げつけるのは、アロマを使ったマッサージやエステなどを施す女性セラピスト。

勤め先は、芸能人も数多く通う高級エステ店だ。

て、いったいどんな事情があるのか…。

「うちは当然、性的なサービスを提供する店ではありません。でも、松坂さんはオイルマッサージをしているあいだじゅう、“アン、アン”といって喘ぎ続けるんです。施術中は紙ショーツを穿いてもらって下腹部にタオルをかけるのですが、そのタオル越しでもはっきりと分かります。勃起しっぱなしなんです。ほかにも、ストレッチはスポーツウエアで行うのに、“パレオを着てください”と無理な要求をしてきます」

これはいけません。

こういうのはブラックリスト入りになります。

ところが、松坂は暴れるわけでも大声を出すわけでもないようです。

ゆえに、彼女たちは声を荒げることもできず、ジッと耐えるしかないのです。

はみ出てました

女性セラピストがこんな思いを強いられるのは、

「うちは全国各地に店舗があるのですが、松坂さんは9年近く利用されている常連で、上客。関西と関東で利用されることが多いのですが、かなりの頻度で来店されて3万円、5万円と使ってくださいます。週3回なんてときもあるので、出禁にしにくいんです」

せめてもの防御策が“イエロー登録”だというのです。イエローカードの意味ですね。

「イエローは禁断行為のことで、たとえばセラピストの身体に触れたり、性器や性器に近い場所を触らせようとする行動です。お客さまがどんなことをしたかはすべて“カルテ”に記載され、イエロー登録の内容がスタッフで共有されます」

この女性セラピストとは別の店関係者が憤慨する。

「もちろん松坂さんはイエロー登録。申し送りでは、複数名のセラピストが“被害”を訴えています。たとえば“手があまりに動く。対応がしんどい”“優しいけれどイエロー。室内のタオルなんかも畳んでくれるけどイエロー”“イエローが半端ない”と、嫌悪感を薄めて注意喚起する記述は多数あります」

直接的なものだと、

「“股関節付近のきわどいところをオイルでやってほしいと言われたけど断った”“どんな穿き方をしているか分からないけど、紙ショーツからはみ出てました”といった記述も。はみ出たものをタオルでどう隠したかも記録されています。彼は関西でも関東でも、人を選んでいる印象がありますね。いろんな店舗で、どこまでなら許してくれるか、探りさぐりプレーしている感じがします」

禁断プレーの具合を、所属事務所に問い合わせたですが、そんな事実はないということです。

ならばと、具体的な行為や言葉を挙げて訊ねても、

「お問合せの内容につきまして再度確認を致しました。当該店舗を利用したことはありますが、ご指摘のような事実はありません」

と、あくまで健全な利用だと言い張るのです。

しかし、こういうクセは止まらないでしょう。

ショックを受ける人も

松坂のイメージが崩壊するほどのインパクトのある情報とあって、この報道にショックを受けたという人もやはり多いようです。

「おとなしそうに見えて、プレイもパワープレイだったしな」
「あのガシガシした手技ならそういうお店も出禁だろ」

など、松坂がお店からイエロー登録されてしまうのも納得といった反応も見られています。

「4月に公開された主演映画『娼年』では、女性への性的な出張サービスをするプロの役を演じましたが、女性と絡む際の、松坂の“手技”が激しすぎると話題になり、一部女性ファンをガッカリさせたことがありました。もちろん、演技の上でのことではあるわけですが、あのプレイが、“地”で、日常的なものなら、お店から迷惑な客として認識されてしまうのも無理はなしと判断した人もいるようですね」(エンタメ誌ライター)

また、今回の報道で別のイケメン俳優の名前をあげ、その俳優にも、「こういう報道あったな」として、彼が、「高級エステで追加料金を払っていかがわしい行為を受けていた」と過去に報じられていたことを思い出したという人もいたようです。

人は見かけによらないと言うが、松坂もイメージと報道とのギャップからか、逆に想像をたくましくしてしまうのかもしれません。

ネットの反応

「ぎりぎりのサービスをするエステは客の動向をチェックして情報を共有してますからね。俳優はえてして変態ぽいのが多いらしいです」

「というよりもこういう店ってこんな情報を出してはいけないのでは?自分で自分のクビを絞めてるよ。利用する側でも情報共有はあるだろうからね」

「爽やかタイプはえてして変態ぽいのが多いからね」

2019年の情報ですが、今は改心しているのでしょうか。

おすすめの記事