受験生の志望校は様々ですが、偏差値の面で頂点に立つのが東京大学です。

今年も3月10日に一般入試(前期日程)の合格者が発表されました。

そんな東大において、2019年の入学実績を見ると、合格者数3084人に対し入学者数は3070人で、ほんのわずかながら辞退者が存在するのです。

東大に合格したのに、東大に入学しない生徒たちは、どこに進学しているのでしょうか。

東大を蹴って早稲田へ

1990年代に早稲田大学に通ったYさん(40代・男性)は在学中、「東大を蹴って早稲田を選んだ」という学生に何人か出会ったといいます。

「1人は東大の文III(文科三類)を蹴って早稲田の政経(政治経済学部)を選択。『(東大合格がわかる前に)早稲田の入学金を払い込んでしまったから』と言っていましたが、偏差値だけなら当時は早稲田の政経の方が上だったことも理由の1つだったようです。もう1人は文IIIを蹴って一文(第一文学部)を選んだ女性で、『早稲田の方が、学生生活が楽しそうだから』と話していました」(Yさん)

それぞれの理由があるとはいえ、わざわざ学費の高い私大を選ぶことが許されたのは、恵まれている証拠かもしれません。

都内有数の進学校である某私立高校の教師・Oさんです。

「うちの高校は毎年2ケタの生徒が東大に合格しますが、私が20年以上働いていて、東大を蹴った生徒が2人います。1人は上智の国際関係を志望していましたが、非常に優秀だったため、東大の後期試験を受けるように勧めたところ、見事合格。親は東大に行くように勧めたようですが、その生徒は初志を貫きました。もう1人は熱烈にICU(国際基督教大学)を志望し、東大を蹴ってICUに進みました」(Oさん)

東大で“仮面浪人”?

“究極の選択”を迫られる受験生もいます。

大学受験事情に詳しいフリーライターの声です。

「東大を蹴る事情で一番多いのは、医学部に進むパターンでしょう。医学部を志望しつつ東大の理I(理科一類)か理II(理科二類)を受験して両方合格し、悩んだ末に医学部に進むというものです。私立医学部の最難関である慶應大学医学部、あるいは学費がかからない防衛医大などに合格した場合、そちらを選ぶ学生は少なくありません。ちなみにタレントの菊川怜さんは、東大の理Iと慶應の医学部に合格し、東大を選んだことを明かしています」

海外留学へ

“医者か東大か”とはまさに究極の選択だが、この他にも東大を蹴る異才は存在する。前出・フリーライターが続けます。

「超が付く進学校にもなると、日本を飛び越して欧米の大学に進む生徒がいます。私が知っている生徒は、東大に合格した後、2~3か月だけ通って中退し、アメリカの超一流大学に進みました。東大はアメリカの大学に進むための“仮面浪人”のようなものです。しかも驚くべきことに、彼は帰国子女ではありませんでした。日本の英語教育が問題視されることもありますが、トップオブトップの中では、そのような秀才もいるのです。

数年前には、東大と東京音大に合格し、音大を選んだ生徒が話題になりました。その生徒は高校時代に音楽で頭角を現す一方で、勉強でもトップクラスの成績を残し、悩んだ末に東大と音大を受験したところ、両校とも合格。音大を選んだそうです。

受験業界で伝説となっているのは、もう30年近く前のことですが、最難関の理III(理科三類)を蹴った受験生です。その生徒は数学オリンピックのメダリストで、『最難関だから』という理由で理IIIの前期試験を“受けて合格しながら、後期試験で京都大学の理学部を受験。そちらも合格して、結局、数学を学ぶために京大に進みました」(同前)

傍から見れば「もったいない」というセリフも漏れそうですが、18歳にして自分がやりたいことを定め、自分の信念に従って進路を決めるという姿勢はあっぱれというほかありません。

ネットの反応

「東大文Ⅲと早稲田政経なら早稲田の方が偏差値上だから選んだとコメントあるが、3科目受験と全科目受験での偏差値比較だから全く価値が異なる。文学系統と政治系統でやることが異なるからそれで選ぶなら仕方がない。でも自分なら東大選んで進学振り分けで法学部狙うかな。早稲田の方が楽しそうって理由なら人それぞれだけど。」

「娘の学校にもいました。一浪して合格しましたが、防衛大学に進学。母子家庭だったのと、警察官になるのが夢。なので、学費がかからない、お給料はいただける。とても合理的な判断でした。」

「なんだか時代遅れな記事ですね。てっきり、ハーバードやスタンフォード等海外大学を選んだのかと思った。」

東大を蹴るってなると、京大か医学部が相場なのですが、早稲田というのに違和感がありますね。政経はたしかに偏差値が高いですが、比較にはならないと思います。

おすすめの記事