バイクに乗る楽しみは高速道路でアクセルをひねること…ではなく、信号のない田舎道や峠が大好きというバイク乗りのほうが多い。バイク乗りは田舎を目指す

田舎道をひたすら走る

田舎道は、信号の少ない道や地方国道のバイパス、さらには広域農道などが含まれる。

のびのびとライディングが楽しめる道だ。

さほど注意するべき点はないのだが、田舎の軽四輪だけには気をつけたい。

女性とお年寄りが運転している場合が多いからだ。

偏見とのおしかりを受けることは重々承知だが、この人たちは総じて周囲への配慮を欠いている…。近づかないようにすることが「転ばぬ先の杖」なのだ。


また、地方に行くとウィンカーを出さずに曲がる車が多い

田舎は交通マナーがなっていないということをよく聞くけれども、大都市とは生活のテンポが違うということを認識していれば、それほど苛立つこともない

そして、それよりも大きな罠が待ち構えているのだ。

それは、見通しのよい直線道路ではついついスピードを出してしまうことだ。

そういうところに罠はしかけられている。

警察による速度取締り、いわゆるネズミ取りだ。

決定的な対策はないが、事前に警察に電話をして取締を実施する場所と時間を聞くことができる。

ローカルのラジオ番組だと、朝の時間に「今日の取締り情報」といった情報を聞くことができる。

一般に取締りは市町村の境界線あたりでよく行われる。

このあたりはヤバそうだなとわかるようになるのも経験のうちだろう。

田舎道と言うと失礼だが、地方の道路は都会と違って信号がまったくないところもある

狭い日本で不思議に思うこともあるが、そういった道を走ると途端に開放感がいっぱいになってアクセルもふかしぎみだ。

気がつけば法定速度を20キロ以上超えたまま巡行しているということも多々ある。

そういったときに、前に車が走っていればある程度安心だ。

しかし、自分が先行している場合、さらにその土地に不慣れな場合は注意が必要となる。

今も昔も対向車がパッシングなどで、取締りを教えてくれる場合がある。

良い慣習でこういったものは、これからも無くならないでほしいと切に願う。

ワインディングロードを走る

田舎の信号の少ない道からワインディングロードに入る。

ワインディングロードとは曲がりくねった山坂道のことだ。

「峠を攻める」といったバイク乗りの言葉もこれに含まれると考えていい。

日本は総面積の7割が山地なので、山間のワインディングロードが多い。

日本から優秀なバイクが生まれ育ったのは、この道路状況も大きく関係しているのは間違いない。

少なくともそう信じている人は少なくないのだ。


バイクはワインディングロードでこそ、その真価を発揮する

一般道では、後ろに乗せている女性の眠りを妨げないライディングを目指した。

いっぽうで、ワインディングロードで女性がまだ眠っているとしたら、それは退屈している証拠だ。

どんくさいライディングと言わざるをえない。

しかし、冷や汗をかかせるような走りは論外と言える。

ここで大切なのは、常に安全を確保したライディングを心がけることにあるのだ。

安全の確保というのは、必ずしもスピードを遅くすることではない。

ライディングの安全の確保

たいていの山岳道路は見通しの悪いカーブが連続する。

それがいくつも組み合わされているのだ。

そこで第一の安全確保は「広い視野の確保」ということになる。

視野を確保することを優先すれば、カーブを曲がる際のライン取りも必然的に決まってくる。

ライン取りが決まることによって、ライディングにリズムが出てくるのだ。

そのリズムを崩さないことが安全の確保に繋がる。

視野を確保するライン取り

コーナリングのテクニックはそれだけで一冊の本になってしまう。

ここでは視野を確保するライン取り一点に絞る。

といってもとてもシンプルだ。

一般的なコーナリングでは、「アウトインアウト」がセオリーとなる。

しかし、視野の確保を第一に考えると、コーナリングは「アウトアウトイン」が正しい

要するに、カーブの一番奥まで進入して、くるりと旋回する

その繰り返しなのだ。

アウトアウトインの意味は、詳しく説明しなくてもいいだろう。

コーナリングの向こうの視野がはっきりわかるまでインに入らないということだ

次のカーブまで視野に入れて走行ラインを組み立てる。

そうなると、カーブの奥まで突っ込むのでちょっとした恐怖を味わうかもしれない

すぐにでもインに切り込みたくなるのだが、そのちょっとした恐怖心が減速を生むので案外大丈夫なのだ。

慣れてくると、アクセルを開ける楽しみが、最後の最後までお預けになる。それが楽しいのだ。

そしてリズム良く…

アウトインアウトは極端に言えば、熟練者の走行と言えるかもしれない。

慣れないと、イン側についてしまうと次の立ち上がりでも、次のコーナーの入り口にイン側で進入することになりかねないので、途端に苦しいコーナリングが続いてしまうことになる。

初心者は、アウトアウトインが正解だと思う。

これは是非試してほしい。

もっとも、強制するものではなく、アウトアウトに恐怖心を感じる場合は、アウトセンターセンターでも問題ない。

一番大切なのは恐怖心を克服することではなく、恐怖心を感じない走りなのだから。

バイクの神髄はバランスとリズムだ。

一般道の走り方と同様に、ワインディングもリズミカルに走ることができるようになれば、それが走り方としては理想と言える。

そのためには、視野を広くもって先を読むように常に心掛ける。

どこで曲がるのか、どこでアクセルを開けるのか…これには正解はない

一人ひとりが感覚で身につけるしかないのだ。

曲がることができるスピードは人それぞれだし、そのスピードまで減速する。

曲がる側にバイクを倒す。

そのままでは転倒するのでアクセルを開ける。

この繰り返しでコーナリングは完成する。

峠でタイムを競うようなライディングは、これよりもさらに高度なテクニックが必要になるのも付け加えておく。

右カーブと左カーブ

右カーブが苦手という人は少なくない。

左カーブにはスッと入っていけるのに、右カーブだと途端にぎこちなくなる。

これは、右カーブだと外側のエスケープゾーンが限られてくることによるものだ。

さらに視野の錯覚が大きく関係している。

右カーブは一の幅が極端に狭まっていくように見える。

これが恐怖心を生むのだ。

これを克服するには慣れしかない。

おすすめの記事