参院選が終わりました。結果はともかく、いつも不思議に思うのは投票が終わる午後8時にテレビ局が速報で「当選確実」を流すこと。国政選挙では恒例となっているのですがどうして開票作業がこれからというときに結果が分かるのでしょうか。

「当選確実」報道に根拠有り

テレビ局など各報道機関の言い分はこうです。

「しっかりとした根拠がなければ『当選確実』は流せません。候補者一人一人、確信を持って速報しています」

その「確信」はどこから来るのか…。


TBSテレビの選挙特番で当落判定の責任者を務める嶌暢大(のぶひろ)さんに聞きました。

蔦さんは、21日の特別番組「Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル」を担当しています。

それによると、午後8時の「当選確実」をどの候補者に出すかは、その1時間ほど前の局内の会議でほとんど固まっているのだそうです

多くの地域では投票時間は午後8時まで。

そうなると、投票が続いている段階で「当選確実」を決めているということになります。


判断材料が必要となるのですが、それには2種類のデータが必要になります。

いずれも、有権者の投票行動を示すものなのですが、ひとつが何日も前から繰り返して行われている「電話調査」の結果です。

それには、オペレータやコンピュータがランダムに選んだ家庭に電話をかけて、誰に投票するのか、支持政党などを尋ねているのです。

いっぽうで、最近の傾向として固定電話を持っていない家庭も多くなっているので、調査対象が限定されているようです。

また、曜日や時間帯によって回答してくれる人の年齢や性別などにも偏りが見られるので、電話調査の時間帯もよりランダム性が求められるようになってきました。

また、リアルタイムな電話調査だけではなく、過去の調査結果と実際の得票を照合することで作った補正のための計算式を用いています

これは各テレビ局などが独自で用いている計算式ですが、より実際に得票に近いデータが得られるということです。

そして、もうひとつの大事なデータが「出口調査」です。

選挙当日に投票所に行けない人のための「期日前投票」の投票所、選挙当日に各地に設けられる投票所に調査員が立ち、投票して出て来た人に直接「誰に(どこに)投票しましたか」と尋ねるのが出口調査です

電話調査と同様に一定数のサンプルを調べることで、全体の傾向を探ることになります。

ここ数年の傾向として、期日前投票をする割合が増えてきています。

今回、期日前投票をした人は前回より100万人以上増えて、過去最高の1706万2771人と発表がありました。

期日前投票の出口調査となると、期間も長いですから調査もかなり大変になりますが、各テレビ局とも総力をあげて調査しているということになります。

これらの、電話調査と出口調査の二本立て、さらには過去の積み上げてきたデータなどから分析して、より確度の高い投票結果が見えてくるのです。

足で稼いだ生の情報も

データ分析の結果と実際の得票にはどうしても差が出てしまいます。

候補者同士で激烈な選挙戦を戦っている場合は、当落の判定が難しい場合も多々あります。

そのときに注目するのが、演説会場の雰囲気や選挙事務所の様子といった、記者が直接取材して集めてきた「生の情報」なのです。

文字通り、足で稼いだ情報ということになります。

蔦さんの話によると、

「足を止める人がどのぐらいいるのか、聴衆の反応はどうかなど、街頭演説を取材すると候補者の勢いが分かるんです。慣れた記者なら(主催者側が集めた)サクラもすぐに見破れます。取材を重ねていくと、選挙戦の中で強くなったり弱くなったり、突然逆向きに吹いたりする『風』も敏感に感じ取ることができるんです」

データ分析の結果に記者の取材結果を組み合わせて、得票数を予測すると実際の得票にぐっと近づくことが何度もあったということです。

蔦さんが続けます。

「データと記者の取材が食い違ったとき、どちらを取るか……。うーん、僕の場合、最終的には記者の取材かもしれませんね」

「当選確実」の判断は?速報を出す意味は??


TBSでは、一人ひとりの得票数を予測し、次点の候補者と差が一定数開いたと判断したところで、「当選確実」を速報します。

2016年の前回の参院選では、投票が終わった午後8時にTBSと系列28局が「当選確実」の一報を速報した候補者は選挙区で52人(改選数73)、比例代表38人(改選数48人)でした

午後8時には、大多数が決まるということは選挙の趨勢が決まるということになりますね。

ここで、素朴な疑問があります。

開票が進めば自ずとわかる結果を急いで報じる意味がどこにあるのか…ということです。

これにも蔦さんは明確に答えています。

「民主主義の根幹である選挙の結果をいち早く伝えるのは、報道機関の使命だと思っています」

これに、加熱するテレビ局間の競争があるのは間違いありません。

「確実」と打っているのですから、もちろん間違いは許されません。

他局の速報を見ると、焦ってミスをしやすくなるということで、他局の速報は一切見ないという徹底ぶりだそうです。

各政党の獲得議席も気になる

テレビ局がとりわけ力を入れているのが、各党の「獲得議席予測」です。

各テレビ局が、午後8時ちょうどに、画面いっぱいに各党の棒グラフを映し出すのが通例となっていますが、有権者にとっては、獲得議席も大いに気になるものなのです。

各候補者についての当落がはっきりするので、獲得議席はそれに近い数字になるのでは?と思いがちですが、選挙区と比例区に分かれているので、獲得議席予測のほうが難しいようですよ。

ネットの声

「出た結果をいち早く伝えるのは使命だろうが、自分たちの単なる予測をいち早く伝えるのは使命ではない。勘違いしている気がします」

「投票終了後にすぐ結果が分かってしまうという状況は信憑性にかけるような気がする」

「毎回すぐに当選確実が出る不思議…それがちゃんと当たっているのでさらに不思議…」

テレビ局が当落を出すのはある意味、相当な覚悟でやってるのがわかります。

おすすめの記事