最近外食チェーンの中でも何かと話題を振りまいている『いきなり! ステーキ』。

2017年ぐらいからブームになり、各地の店で行列ができたのですが、昨年から売上不振に陥りました。

上から目線の社長直筆メッセージ

そんな状況を打開するため、昨年12月3日から社長が直筆で来店を呼びかける「お願い」が各店舗に貼りだされ…。

値下げや特典をともなうイベントでも何でもなく、単に来店を促すだけの内容だったため「上から目線」などとネットで炎上してしまったのです。

そうこうしているうちに12月下旬から公式サイトの店舗ページに続々と【閉店のお知らせ】が掲示され始めました。

今後かなりの店舗が閉店になるようです。

ユニークな肉マイレージ

同店には肉マイレージというユニークな顧客サービスがあります。

航空会社のマイレージのように、食べた肉の量がマイレージとして積算されていくのです。

そのマイレージによって、数々の特典が用意されているというわけです。

上級マイラーとなると、ドリンク無料だけでなく行列ができていても優先案内されるといった特典も…。

しかし、その道はけわしいのです。

ダイヤモンドマイラーの「実態」

入会から3000グラム(3キロ)未満までは“平マイラー”

3000グラム(3キロ)以上になるとゴールドマイラーとなります。

さらに、20000グラム(20キロ)以上になるとプラチナマイラーとなり、

100000グラム(100キロ)以上になると、最上級のダイヤモンドマイラーとなるのです。

最上級のダイヤモンドマイラーだと最低でも100キロの肉を食べないといけません。

この数字だけを見ても、上級マイラーになるにはかなりの覚悟が必要なのは一目瞭然です。

同店のホームページにはさらりと、「一回500g食べる方だと200回」と書いてあるのですが、そもそも500グラムの牛ステーキは、一般男性からしてもかなりきつい量でしょう。

この肉マイラーの世界には、ランキングも存在しています。

マイラーが食べた累計のグラム数をもとにした総合ランキングと、月間ランキング、さらに期間を区切ってのイベントであるマラソンランキングが存在するのです。

累計なので、いつから食べ始めたのかわからないのですが、総合ランキングのトップは、1821078グラム…約1.8トンという肉を食べています。

月間ランキングも熾(し)烈で、トップの人は昨年12月25日現在、43964グラム…約43キロという肉を12月だけで食べているのです。

イベントのマラソンランキングであると、トップの人は、3カ月で163187グラム、約163キロを食べています。

なお、この肉にかかる金額は、一番安いリブロースステーキでさえ、グラムあたり6.9円(税抜き)。

ここまでの量になると、かかる金額もかなりのものになりそうです。

『いきステ』あるダイヤモンドマイラーの突然死

ある肉マイラーのランカーの話です。

月間ランキングでは常連であり、マラソンランキングでは上位入賞を果たしていた人です。

3か月で40万円以上を使って、100キロ以上のステーキを食べていた様子はSNSで見ていても、驚くほかありませんでした。

同店の名物・ワイルドステーキという450グラムの量があるものを、一度の食事で三つ食べるなどを普通にやっていたのです。

月に36キロを食べたことさえあるということですから生半可な胃袋ではありません。

いまから考えると、肉が好きというだけでなくランキングそのものが目標にもなっていたのかもしれないですね。

その人は現在月間ランキング上にいません。

今後、彼のマイレージが増えることもありません。

実は、数か月前に突然死してしまったのです。

自宅に帰宅した直後、玄関口で倒れて救急車を呼んだものの、心停止のままこの世を去ったのです。

死因は心不全とされたのですが、事件性はないということで、正確な死因ははっきりしません。

しかし、まぎれもない突然死だったのです。

まだ50代に入ったばかりだったということです。

あまりにも予期せぬ死であり、遺族もその死を受けいれられなかったようです。

その人が、肉食にこだわる理由は、別にありました。

糖質制限ダイエットです。

もともと、ぽっちゃり体型だった彼は、それを始めてからかなりほっそりとなりました。

何事にも凝り性なのか、アプリを使って糖質を管理、糖質ゼロに限りなく近い食生活を1年以上にわたって続けていたのです。

1日の糖質が5グラムでも彼にとっては多いよでした。

結局、朝はプロテインのみ。

昼は、『いきなり!ステーキ』で1キロ近くのステーキ(しかもつけあわせなし)を食べ、飲み物は炭酸水、夜も外食時はステーキで、自宅では糖質ゼロのロカボ麺などといった食生活だったのです。

また、栄養を補助するためにサプリメントも複数服用していました。

もちろん、彼の死と糖質制限ダイエット、ひいては『いきなり!ステーキ』中心の食事の因果関係は定かではありません。

銀座TAクリニックの神林由香医師に、糖質制限ダイエットと健康について取材しました。

「学会でもまだはっきりとした結論は出ていないのですが、医師は全般的に緩やかな糖質制限に対して肯定的です。2008年に発表された有名な論文で、カロリーを制限しなくても糖質さえ制限すれば体重が減少するという研究結果を示したものもあります。
老化に関しても、酸化に加えて糖化も老化に繋がることが、近年認識されるようになってきています。血糖値の観点からも食生活全体のバランスにおいて、糖質を控えめにし、急激な上昇を抑えるのが良いというのは、医師の中では共通認識になっています」

ただし、極度な糖質制限は健康への危険性があるというのです。

「具体的には1日に20g未満の糖質制限を長期間続ける場合などです。糖分が足りない場合、脂肪やタンパク質から糖を作る仕組みが人の体にはあります。これを糖新生と言います。これは過剰であれば肝臓と腎臓に負担がかかります。さらに、特に基礎疾患がある場合などでは、極度な糖質制限による低血糖が、突然死の原因になる可能性もあります。足りない糖分は、糖新生により作られ血糖値は保たれますが、それが追いつかない場合は低血糖になってしまい、最悪の場合、心不全につながります」

さらに美容の観点からも、ステーキの食べすぎは脂質や老化物質のとりすぎにつながり、推奨できないというのです。

現在、店舗の閉鎖が相次ぐ『いきなり!ステーキ』。

マイルを貯めていた肉マイラーたちがマイル消化のために押し寄せているということです。

肉汁したたるステーキは、みんなが大好きな人気料理であることは間違いありません。

しかし、何事もバランスが大切。

ステーキとうまく付き合って、健康な生活を送っていきたいものですね。

ネットの反応

「糖質制限をやるのはいいけど、まったく糖質とらないと頭が働かないと思うんだけど。」

「糖質制限による死亡率の高さは既に知られています。この方は特に極端なことをしていましたから、当然の結果としか言えません。特定の栄養素を排除する方法は、絶対にと言えるほど禁忌です。バランスよく摂取する事が一番大事なのです。摂取制限よりも代謝促進が健全です。サプリメントでは補えないものもありますので、出来るだけ食事から摂ることが大事です。」

「低糖質やMECをするなら血液検査した方が良い。私は正常値(149まで)だった中性脂肪がたった100日MECをしただけで1000オーバーになった。血液ドロドロ状態。たまたま血液検査ができたから良いけどその環境がなかったらと思うと恐ろしい。」

低糖質ダイエットは、効果が証明された画期的なダイエットですが、死亡リスクも高いことが明らかになっていますよ。

おすすめの記事