トヨタがKDDIと業務資本提携…520億円の出資も

トヨタ、約520億円を追加出資しKDDIと新たな業務資本提携

KDDIは、トヨタ自動車と新たな業務資本提携を締結しました。

2000年10月に第二電電(DDI)、KDD、日本移動通信(IDO)の三社合併によりKDDIが発足して以来、

トヨタはKDDIの第2位の株主として2002年以降はトヨタのテレマティクス事業であるG-BOOKサービスなどで協業していました。

つながる化を加速

クルマのインターネットへの「つながる化」が進んでいます。

両社は2016年から車載通信機とクラウド間の通信において、高品質で安定した通信をグローバルに確保するため、

従来のローミングサービスなどに依存しない、グローバル通信プラットフォームの共同構築を推進しています。

さらに、クルマと通信の融合によって、安全さや快適さを提供する取り組みを加速させたのです。

コネクティッドカーに向けて

両社は今後、4Gから5Gへ、5Gから6Gへと通信が進化するなかで、街、家、人、クルマそれぞれの間で最適な通信を可能とするプラットフォームの研究開発を共同実施。

さらに、デバイスからネットワーク、プラットフォーム、サービスを一元化して管理する、高度な運用を可能とする次世代コネクティッドカー向けの運用管理システムを共同開発などに取り組みます。

業務提携で出資を強化

これらの業務提携の合意を背景に、両社が中長期にわたって戦略的な提携を進めるために、更なる資本関係の強化が必要と判断。

両社はトヨタを引受先としたKDDI株式約1830万株(総額約522億円)の第三者割当による自己株式処分を実施することに合意しました。

これにより、トヨタによるKDDIの持株比率は12.95%から13.74%へと増加します。

株式取得日は2021年1月29日を予定しているとのことです。

ネットの声

「トヨタはNTT、SBとも提携してるよね。
日本を代表する超巨大企業だから全方位でいくんだろうけど、手当たり次第感も感じる。」

「元々TOYOTAはIDOだったからね」

「何やりたいか、さっぱりわからん。株価落ちたから、買ってるだけ?」

KDDIが落ち込んでいるという声もありますが、業界ではSBよりも上です。というよりもSBのほうが危ないかも。

おすすめの記事