RAV4 PHVがバカ売れ!

いよいよ「プラグインハイブリッド」の時代到来となるのか。

それに伴い顕在化した「充電器問題」を紹介します。

集合住宅への充電コンセントの設置は未だ難しい状況

トヨタからRAV4 PHVが6月に発売されました。

1カ月を待たずに、すでに年度内の台数は消化。

現在は販売店へ行っても注文できない状況となっているようです。

月販300台という目標台数もかなり控えめであったのが要因です。

トヨタとしてはめずらしくマーケティングに失敗したという声もあるようです。

しかし、EVカーに配慮したという声も聞こえてきます。

いずれにしても、販売の再開はトヨタのホームページ内でいずれ告知されることになっています。

先駆的存在のプリウスPHVは、当初4人乗りであったり、価格が高めであったりして、販売が急速に伸びることはありませんでした。

それでも前型より売れているということです。

RAV4 PHVは控えめな生産計画であったのですが、昨今のSUV(スポーツ多目的車)人気も後押ししたのは間違いありません。

そもそもRAV4自体が昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したほど魅力が高いことも影響していることでしょう。

一方で、EVもPHEVも、自宅で充電することがモーター走行の基本。

しかしながらマンションなど集合住宅への200Vの充電コンセント設置が難しい状況は改善されないままです。

理由は、集合住宅の駐車場が、エレベーターや玄関ホールなどと同じように共同利用の場所。

そこへ設備を追加するためには管理組合の合意を得る必要があるためです。

ところが、役員の反対などによって設置できないことが全国的に起きているのです。

課題は商品力ではなく社会の受け入れ態勢

自宅で充電することがモーター走行の基本。

しかし充電器の設置が難しいことも…。

反対の理由は、当然ながら工事に経費がかかることです。

また、電力の支払いを明確にするためには、カード決済などを行える充電器の設置などが必要になります。

コンセントの取り付けとは桁違いの費用になるのです。

出費は抑えたいというのが大きな理由でしょう。

しかし、それをEVやPHEVの購入者が負担するといっても、「自分に関係ないことだから反対」と、感情的な理由で賛成しない事例があると聞きます。

そうなると、購入者は公共の設備で充電しなければなりません。

利点が活用できない

「ガソリンスタンドに立ち寄らずに済む」EVやPHEVの日常使いという、大きな利点の一つが活用できなくなるのです。

これに対し、メーカーやインポーターは、ことにPHEVの場合は、エンジンでのチャージ(充電)モードがあったり、ハイブリッド車としての燃費も十分に優れたりするので、自宅で充電できなくても満足できる性能だと説明しています。

しかし消費者にしてみれば、買った品物の機能が一部使えないのであれば、わざわざ高い金額を払って購入しないでしょう。

つまりそうした集合住宅の充電設備問題は、「買いたい」といってわざわざ店を訪ねた顧客を逃すことになっているのです。

これは、クルマの良し悪しや、商品力の問題ではなく、社会の受け入れ態勢の課題であり、社会の認識が変わっていかなければ解決できない問題です。

自動車メーカーやインポーター各社が一致協力してキャンペーンを行うなど、

対策を実行しなければ日本は世界でもっとも遅れた交通社会となりかねません。

日本市場へのEVの導入に慎重なトヨタですが、RAV4 PHVの人気をみた以上、

将来的な電動化市場には、よいクルマを作るだけがメーカーの仕事ではないことに気付くべきです。

1997年の初代プリウス以来積み重ねてきた電動化技術があれば、EVをつくることができるのではなく、

EVが売れる社会となることへの貢献が求められているのです。

ネットの声

「戸建て以外は無理だろうと思う。
マンションは国や県の補助金云々というより、そもそも全戸分の駐車区画が無く抽選でというところが多い。更に車を持っている区分所有者と持っていない区分所有者が混在している状態で、足りない駐車区画をつぶして新たに充電設備を設置するには規約等の変更と共に区分所有者の合意が必要。実はこの部分が一番難しい問題。」

「「よいクルマを作るだけがメーカーの仕事ではないことに気付くべきだ。」とさもトヨタが分かってないような事を書いておられるが、RAV4PHEVには急速充電機能が付いてないようです。何故ならリーフ等EVの充電機会を奪うとの判断理由らしいです。」

「RAV4 PHVがバカ売れしているわけじゃない。販売計画をはるかに上回っているだけだ。そしてその販売計画は電池の生産能力そのもの。売りたくても早々に増産は出来ないだろうな。次はどんなアプローチをしてくるだろうか。HV以上PHV未満の電池量を搭載して値段を抑えたモデルなんかがいいな。」

集合住宅は難しいでしょう。

どこでも気軽に充電できるようなスタンドができると、これからのEVカーとの競合にもなるし難しいところでは。

おすすめの記事