トヨタも売れない車を作っていた!iQやセラ、アレックスって覚えてる??

クルマが売れなくなって久しいのですが、世界的な大企業であるトヨタは別格!

とにかくトヨタ車は売れるのです。

万人向けの車作りには定評のあるトヨタ…しかし、そのトヨタでも売れないクルマがあった!?

トヨタも売れないクルマを作っていた

トヨタでも大ゴケしたモデルがあります。

トヨタは、世界最大級の自動車メーカー。

さまざまな国や地域に合わせて、専用車や仕様車を設定して販売。

各国で販売台数の上位にランクインしています。

そんな売れているトヨタでも、過去には販売が振るわず短命に終わったモデルが存在したのです。

今回は、大ゴケしたトヨタ車を5台を紹介します。

全長3m以下の4人乗り「iQ」

登場する時代が早すぎた? トヨタ「iQ」

トヨタ「iQ」は、2008年に発売しています。

小さなボディに大きな2ドアが特徴的だったのですが、乗車人数は4人でした。

ボディサイズは、全長2985mm×全幅1680mm×全高1500mmと軽自動車よりも40cm以上短いもの。

このなかに4つのシートを収めるために非常に高度なパッケージング技術が注ぎ込まれたのです。

具体的な事例として、専用設計されたトランスミッションでエンジンよりも前輪を前に出しました。

さらには、エアコンのユニットも専用に小型化して助手席足元の空間を確保。

また、燃料タンクを床下に格納、運転席・助手席シートバックの薄型化などで、4シーターを実現したのです。

ただし、快適に乗れる限界は大人3人と子ども1人の3+1でした。

また、小さい車体の安全面での不安を払拭するため、9つのエアバックを採用しています。

これほど小さいと安全性の確保も難しく、後席の乗員を追突事故時に保護する世界初の「リヤウインドウカーテンシールドエアバッグ」を全車に標準装備しました。

iQの開発には技術の粋が集められたのです。

トヨタの苦労の甲斐もあって、iQは2008-2009の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

高い評価を受けています。

1リッター直列3気筒エンジンに加え、1.3リッター直列4気筒エンジンの追加、さらにはGAZOOレーシングによるチューニングモデルの登場。

走行面でも不満を感じられないモデルとなりました。

それでも、メルセデス・ベンツの「スマート」ほどの人気も出ず…

不発に終わってしまったのです。

その理由として「軽自動車よりも高価なのに荷物が積めない」という声が多くあがりました。


本来、欧州市場向けに開発されたクルマです。

荷物も積めて安い軽自動車がある日本では、売れ行きが芳しくなかったのは当然といっていいかもしれませんね。

未来的なデザイン「Willサイファ」

トヨタが異業種合同プロジェクトのWillブランドとして発売した「Willサイファ」は、「Will Vi」、「Will VS」に続いて第3弾のプロジェクトでした。

「ディスプレイ一体型ヘルメット」をデザインコンセプト、縦長の4連に分かれたヘッドライトと大きく張り出したリアバンパーが特徴的なクルマでした。

プラットフォームやエンジンは「ヴィッツ」と共有していますが、当時としては斬新なカラーバリエーションが話題でした。

また、トヨタ初の車載情報通信サービス「G-BOOK」に対応したナビが標準装備で注目を浴びています。

そのほか、携帯電話のプランにあるような、基本料金+走行距離従量制料金が月額リース料金として請求されるプランが用意されていたのです。

プランの利用者は予想より多かったものの、走行距離が伸びず採算割れとなり、取り扱いが終了となりました。

不人気の大きな理由は、個性的すぎるデザインが挙げられます。

未来的ではあるものの万人受けすることがなかったのです。


デザイン重視で犠牲にしたラゲッジルームや後部座席の狭さも致命的でした。

のターゲット層にも当てはまりにくかったということですね。

走りが定評の「アレックス」

2001年、「カローラランクス」の姉妹車として発売されたのが「アレックス」。

ハッチバックが主流であった欧州市場を視野に入れて開発されました。

最高出力110馬力の1.5リッターエンジン、最高出力190馬力の1.8リッターエンジンは、力強く安定した走りで高評価を得たのです。

ラゲッジルームも広く、荷物をたくさん積める工夫が施されています。

幅広いターゲット層を視野に入れたトヨタ自慢のクルマとなったのです。

しかし、そのシンプルすぎるデザインのアレックスは、「オーリス」の登場で販売終了となってしまいます。

性能や装備が優れていても、デザインが不評であれば不人気につながる好例となってしまったのです。

アレックスは、2001年から2004年までの販売期間のうち、4回のマイナーチェンジを施しています。

そのいっぽうで、シンプルなヨーロピアンスタイルは当時の流行には乗れなかったということですね。

トヨタのガルウィング車「セラ」もダメだった?

ガルウィングがかっこよかったトヨタの「セラ」。

1990年に発売されたトヨタ「セラ」は、東京モーターショーに出展されたコンセプトカー

それを、ほぼそのまま市販化したコンパクトな4シーター3ドアハッチバックでした。

いわゆる「ファンカー(FUN CAR)」として企画・開発されたモデルです。

最大の特徴はガルウイングドア(バタフライドアとも呼ばれる)を採用していること。

シャシは当時販売していたコンパクトカーの「スターレット」をベースとし、ボディをすべて専用にデザインしています。


ボディ上部のほぼすべてにガラスを使用したデザインは「グラッシーキャビン」と呼んでいました。

車内から、全ての風景を見渡しながらドライブできる夢のようなモデルだったのです。

しかし、このグラッシーキャビンによって、太陽光が直接車内に差し込むことで室内温度が高くなりました

さらにガラスの重さが燃費を悪化させたのです。

そして、常に周りからの視線にさらされることになるといった理由から、注目を浴びたものの不人気に終わってしまいました

搭載されたエンジンは、「スターレット」よりもひとつ上のクラス1.5リッター直列4気筒エンジン。

最高出力は110馬力を発揮しました。

これはスポーティさだけではなく、ベースよりも約100kgの重量増に対応した結果だったのです。

ガルウイングドアに実用性や必然性はほとんどありません

それにも関わらず、セラの企画が通ったというのが現在では考えられないことです。

おそらくバブル景気の真っ最中という背景も関係していたのは間違いないでしょう。

価格は160万円からとかなり安価で販売しています。

1994年に販売終了するまで生産台数は約1万5800台と、かなり希少なモデルですよ。

トヨタ初のCVT搭載「オーパ」

ミニバンでも乗用車でもない、新ジャンルの次世代ミディアム車として2000年に登場したのが「オーパ」

当時の日本では、どのカテゴリーにも当てはまらないといわれていました。

厳密には5ドアハッチバックのジャンルに当てはまります。

滑らかな変速ができるCVTと1.8リッターガソリンエンジン搭載の走行性能はセダン感覚

広い室内空間はミニバンにも当てはまるので、広いユーザー層に受け入れられると予想されました。

しかし、明確なターゲットを絞らなかったのが仇となったのです。

中途半端な立ち位置のオーパはわずか5年で生産終了となりました。

ネットの反応

「セラってプレス金型が特殊で、少量多品種生産を低価格でやる場合のネックになる初期投資を抑えるための実験企画の意味があったとも聞いたことがある。WiLLも異業種とのコラボやマーケティングの要素がありましたし。主要コンポーネントは記事中にもあるようにスターレットや他量産車の物なので習作としてはまずまずで大ゴケと言うのはいかがなものか。」

「当時余力があったトヨタだからこそ出す事が出来たクルマ達だね。日産のパイクカー達のように、こういうクルマが想定外に引っ張りだこになる場合もあるけど、他の方も書いてるように、そもそもこれらは大ヒットを狙ったものではなかったと思うよ。」

「一度オーパを代車で借りた事があるが品質は非常に良いと感じました。エンジンの回りや出足も良いしCVTの制御も違和感無く、更にシートが座り易くて最初に座った時にこれは良いシートだな~と感じました。ただやっぱりパッケージングが中途半端なのはそこを求めているので仕方ないと思いました。」

セラは欲しい!と思った人は多いはず…でもがルウィングドアって面倒なんですよね。しかし目立つこと間違いなし!

目立つと言えばiQも良い感じですが、目立つだけのクルマで実用性は皆無でした…。

おすすめの記事