「彼らは英国に戻るべき」「カナダだって彼らを求めていない」

米国のトランプ大統領が29日(日本時間30日)、米国移住が浮上したヘンリー王子と妻メーガン妃に対する警備費の負担を拒否する方針をツイッターで公表しました。

米国民からは「最高の決断だ、大統領!」と称賛の嵐が巻き起こっています。

トランプ大統領を称賛

ヘンリー王子とメーガン妃は3月末に英王室から離脱。

カナダに永住すると思われていましたが、急転ロサンゼルスに移住すると海外メディアが報じています。

カナダでは夫妻の警備費の負担問題が浮上していた経緯があったため、トランプ大統領は

「英国を離れたヘンリーとメーガンは、カナダに永住すると報じられていた。今、彼らは米国移住のためカナダを離れた。しかし、米国は彼らの警備費を払わない。彼らが払わなければならない!」

とツイッターでつづり、夫妻に自らの警備費の負担を要求したのです。

ツイッター上では英皇室離脱で波紋を広げている夫妻に対する断固たる声明に45万人以上が「いいね」と同意。

称賛の嵐が巻き起こっています。

「サンキュー、トランプ大統領。アメリカ国民はハリーとメーガンの警備費に責任なし。その代わり国境強化してほしい」
「最高の決断だ、大統領」
「その根性、最高だ! 大統領」
「甘やかされた輩がコロナの影響で失業や不況でアメリカの納税者に対して、警備費を支払って欲しいだって。まあいい。リクエストは却下だ」
「我々が負担すべきじゃない」
「彼らは英国に戻るべき」
「カナダだって彼らを求めていない」
「トランプが大統領当選時に米国を離脱すると話していたメーガン・マークルが、今は我らがトランプ大統領に対して納税者に警備費負担を求めているって? 出て行け」
「人々が亡くなっているのに」
「彼らは甘やかされた輩のような振る舞いだ。米大統領を酷評しておきながら、アメリカに戻るときに特別待遇を求めるとは」
「誰も異議なし」
「強制送還だ」
「メーガン・マークルの米国市民権を剥奪すればいい」

通常は賛否両論を巻き起こすトランプ大統領。

今回は、新型コロナウイルス禍の状況でロイヤルカップルに対する否定的な意見が圧倒的多数となりました。

ロサンゼルスはメーガン妃の故郷ですが、逆風が巻き起こっているようです。

アメリカ政府の警備は求めない

ヘンリー王子とメーガン妃のロサンゼルス移住に伴い、ドナルド・トランプ大統領が気にし始めたのが警備費用問題。

現地時間3月29日(日)、ドナルド・トランプ大統領はコロナウイルス対策で忙しい最中、わざわざこの問題を持ち出してツイート。

大統領曰く

「女王とイギリスは私の親しい友人であり、私は彼らに敬意を持っている。イギリスを離れたハリーとメーガンはカナダに永住すると言われていた。2人は今度カナダを離れアメリカに来た。でもアメリカは2人の警備費用は払わない。自分たちで払うべきだ!」。

これに対してヘンリー王子とメーガン妃が声明を発表。

イギリスのテレビ局「ITV」に

「サセックス公爵夫妻はアメリカ政府に警備を求めることは考えていません。私的な財源で警備を手配しています」。

ちなみにこれはトランプ大統領のツイートからわずか数時間後に出されたものです。

警備費用の負担

カナダに住んでいた時期にも誰が王子と妃の警備費用を負担するのかがマスコミや両国民の間で問題になっていました。

アメリカでは大統領が早々に断言、王子と妃もこれに答える形で議論が勃発するのを避けた形となったのです。

とはいえカナダのジャスティン・トルドー首相が

「費用はさておき、王子と妃を歓迎する」

と言ったのに比べて、トランプ大統領の鼻息の荒いこと……。

さらにそれに数時間で反応するとは王子と妃も好戦的なムード…今後アメリカも拠点にすると思われる王子と妃が、大統領とどんな関係を保つのか注目したいところです。

ネットの声

「民間人を税金で警備する法的根拠はない。だから、放っておけば済む話を、わざわざコメントしたのは、メーガンへの意趣返しでしょう。」

「ヘンリーメーガンがあまりにも嫌われ者すぎて、トランプ大統領がお株を上げた感じですね。でも、今回だけは、トランプ大統領を支持したい気持ちになる。トランプ大統領の声明からすぐに、この夫婦も自己負担を表明したけど、それなら、もっと前に自分から言ってりゃいいじゃん、って感じですよ。」

「ヘンリーは、軍人時代にアフガニスタンに従軍して、英国陸軍航空部隊のヘリコプターパイロットととしてタリバンと戦闘して、相手方の兵士を多数殺害しているから身辺警護には力を入れたほうがいい。」

メーガン妃は、結婚前に米国のトーク番組で当時大統領候補だったトランプ氏を「女性差別主義者」と批判していました。

もしトランプ氏がが大統領になったならカナダに移住すると語っていましたからね。トランプ大統領もそれを覚えていたのは間違いありません。

おすすめの記事