新型コロナウイルスの影響で、入手しづらい使い捨てマスク。

貴重な使い捨てマスクをなるべく長持ちさせるように、ハンカチでカバーして再利用するアイデアをご紹介します。

マスクの上からハンカチでカバーするだけ

マスクが入手困難な今、使い捨てマスクを洗って何日も使っている人も多いと思います。もしマスクを洗っても汚れが目立っていたり、毛羽立ったり薄くなってきたら、こちらのハンカチカバーを試してみてください。

【材料】

・使い捨てマスク 1枚
・薄手のハンカチ 1枚
使い捨てマスクは一般的な平面タイプをご用意下さい。

ハンカチはなるべく薄いものを使うと、でき上がりがキレイです。

今回は大きさ40cm四方の薄手ハンカチを使用しました。

つくり方

(1) ハンカチをマスクの幅に合わせて上下に折ります。

(2) 折ったハンカチの中心にマスクを置き、ゴムを通します。

(3) ハンカチの右半分を折ります。

(4) 左半分を折り、端を右側の布の内側に入れこみます。

(5) でき上がりです。

表面から見たら、このようになります。

マスクの長所と注意点

よい所は、使い捨てマスクをそのまま使用するため、手づくりの布マスクより効果が見込める点です。

手づくりマスクの場合、耳のゴムが手に入りにくいので、使い捨てマスクのゴムをそのまま使えるのも便利なところ。

注意点は、大判のハンカチだと重たくなって下がってしまうこと。

ノーズワイヤーの密閉性を妨げないよう、小さく薄く、軽い素材のハンカチがおすすめです。

ネットの反応

「ちょっと外出する時だけの時ってマスク1枚使うのもったいない。これは便利かも。」

「手持ちのマスクがそろそろ無くなりそうで不安でした。この方法で3倍位長く使えそうで、ホント気持ち的に助かります。」

「いいですね、一からマスク作成はしんどくて、記事通り洗っては繰り返し使用していましたが、ハンカチ利用でさらに長持ち使用できますね、ありがとうございます。」

アドバイスの通り「薄手」のハンカチがいいですよ。

おすすめの記事