一回で捨ててる??使い捨てマスク…寿命を延ばしたい

使い捨てマスクの寿命を延ばすには? 台湾発のアイデアに「ありがとう」「早速やってみる」の声があがりました。

台湾からマスクカバーの作り方

2020年4月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)のまん延により、全国の店舗でマスクが品薄になっています。

中には、使い捨ての不織布マスクを何日間か続けて使うことで、その場をしのいでいる人もいるでしょう。

台湾出身のタレント・インリンさんがYouTubeに投稿した、マスクカバーの作り方をご紹介します。

インリンさんいわく、台湾では1月末からコロナウイルスが流行り出した際に、全国的なマスク不足に陥ったといいます。

当時、人々には十分な量のマスクが行き渡りませんでした。

そのため、台湾では不織布マスクを再利用できるよう、『マスクカバー』を作る人が増加。

そのマスクカバーを利用することで、使い捨ての不織布マスクを2~3日間続けて使うことができるのだそうです。

インリンさんが教える、マスクカバーの作り方がこちら!

インリンさんはサイズが細かく書かれた図案をもとに、手縫いでできるマスクカバーの作り方を説明。

「マスクカバーは洗って繰り返し使えるため、不織布マスクの寿命を延ばすことができる」と語っています。

動画に対し、ネット上では

「すごくいいアイディアですね」
「日本にはない発想!」
「早速作ってみます」

といった声が相次ぎました。

好きな色や柄の布を使えば、自分だけのマスクカバーが作れそうですね。マスク不足で困っている人は、作ってみてはいかがですか。

畳むだけ「手拭いマスク」の作り方 あきる野市の専門店が動画で紹介

新型コロナの影響でマスクが品薄となる中、武蔵五日市駅近くの手拭い専門店「きれ屋」(あきる野市五日市)が手拭い1本とゴムひもでできる「手拭いマスク」の作り方を動画で紹介しています。

縫ったり切ったりせず畳むだけで作ることができ、使い終われば洗って手拭いとしても使える。(西多摩経済新聞)

用意するのは長さ90センチの手拭いと50センチのゴムひも(柔らかめ)2本。

動画では店主の安藤諭さんが手際よく手拭いを畳み、1分ほどでマスクを完成させています。

市販の使い捨てマスクと比べると厚手なマスクだ。

安藤さんは重度の花粉症で、ティッシュで鼻をかむのも痛い時があるそうです。

刺激を抑えるため普段から柔らかい手拭いで鼻をかんでおり、その延長でマスクを思いついたということです。」

「切ったり縫ったりすればもっと薄くて快適なマスクが作れるのは分かっているが、畳むだけのマスクは使用後に洗って再度手拭いとして使えるのがいいところ。手軽にできるので試してみてほしい」と話していました。

ネットの反応

「普通に2,3日は使ってる。一度で捨てるのはもったいない…というかマスク手に入らないしね。」

「マスクカバーは必須かなあ、使い捨てできるほどたくさん持ってないからさ」

「飛沫を飛ばさないようにするだけなら、布マスクだけで十分だからね」

久々に見たインリンは変わってないですね。

おすすめの記事