ツメが甘いんだよ…便利だけど残念なクルマの先進装備

目的地直前で案内をやめるナビ! 速すぎるオートワイパー! ツメの甘さを感じるクルマの最新装備5つ

クルマの装備は着実に日々進化していて、ちょっと目を離していると「えっ? そんなこともできるようになったの?」なんて驚くことばかりです。

しかも、昔は高級車にしかついてなかった便利な機能も、今ではすぐに軽自動車にまで装備され、普及が進むのも早くなっている印象です。

肝心なところで仕事を放棄してしまう困った機能も!

「こりゃ便利」と思って何度か使ってみるうちに、いいんだけど、すごいんだけど、最後のツメが甘いよ?と感じる残念な装備もチラホラ。

今回はそんな、もう一歩頑張って欲しいクルマの装備たちをピックアップしてみました。

1)ナビ

まず1つ目は、感じている方も多いと思う「ナビの案内がいつも最後まで行かずに終了してしまう!」現象。

これはとくに、住所やビル名で目的地を設定したり、敷地の広い場所を設定した場合に多いのですが、目的地まであと数百mというところでいきなり、「目的地が近づきました。音声案内を終了します」と言われてしまうのです。

こちらは「えっ? ここからが複雑な道順でわかりにくいのに!」って呆然ですよね。

今までは別に標識見れば走ってこられたんだから、アンタが仕事するのは今でしょ! なんて罵声を浴びせたくなってしまいます。

また、ビルや広い敷地の場合は駐車場の入り口がわかりにくいことが多いのに、人が出入りする正面玄関に到着したら終了されたり、ホント、最後のツメが甘いナビが多すぎます。

こうした現象を解消するため、ナビのメーカーではより精度の高い地図データを採用したり、クルマが通れる入り口や駐車場までの案内を1つ1つ設定したり、といったことはやっていると聞くので、そのうち改善するのでしょうか。

2)オートワイパー

続いて2つ目は、雨が降ってくるとその雨粒をクルマが検知して、自動的にワイパーを動かしてくれる「オートワイパー」。

これも便利な装備ですよね。雨量に応じて、ワイパーの速さも調整してくれるし、信号待ちになると勝手に休止して、走り出すとまた動き出したり。

メーカーや車種によって、その機能はさまざまなのですが、いろんな車種を乗り比べてみると、やはり高額なクルマほど高機能だということを痛感します。

低価格のクルマのオートワイパーは、まず速さの設定が強か弱か、みたいに極端になっていることが多く、ちょっと雨が強まっただけでワイパーが動き出し、周囲のクルマと比べるとすごくワイパーが頑張ってる感を出してしまっているのです。

もっと、この中間の速さにできないの? と思うことも。

また、優秀なオートワイパーは速度感応の精度も高く、高速道路など速度が上がる場面では少しの雨でも頻繁に動いてくれたりするのですが、その調整も適当なので前が見えなくなるくらい雨がたまらないと拭いてくれない、ということも。

安全運転にも影響するので、オートワイパーを搭載するならばしっかりした性能を実現して欲しいところです。

性能のバラツキを統一してほしい機能も存在

3)コーナーセンサー

3つ目は、昔ながらの装備かと思いきや、最近になってまた軽自動車やコンパクトカーに復活して装備されるようになっている、コーナーセンサー。

車両の4隅などに埋め込まれたセンサーで障害物を検知し、近づくと警告音などで知らせてくれるというものです。

車庫入れなどの際に、あると安心ですよね。ただ、これも性能にバラツキがあるのが現実。

メルセデス・ベンツのコーナーセンサーは、どの角で障害物を検知していて、どのくらいの危険度なのかが音の大きさと画面表示でわかるようになっていたのですが、軽自動車などではどの角なのか、どのくらいの危険度なのか、ずっと同じ大きさで警告音が鳴っているので、よくわからないということが多いのです。

なので、前ばっかり気にしてたらじつは後ろの角の方がヤバくて、結局ぶつけてしまったということにもなりかねないですよね。

コーナーセンサーをつけるなら、どこがどのくらい危険なのか、そこまで知らせて欲しいと思います。

4)スマートキー

4つ目は、クルマのキーを洋服のポケットやバッグなどに携帯しているだけで、その人が車両に近づくだけで自動的にロック解除し、車両を降りて離れるだけで自動的にロックしてくれる、スマートキーの機能。

メーカーによって名称は変わりますが、いくつかの車種に採用されています。でもこれが、便利なようで「うっかりミス」を起こしやすいので要注意。

スマートキーを持ったまま、ゴミを捨てるために車両を離れたら自動的にロックされてしまった…ということも…。

車内にはまだ乗っている人がいたのです。

その際、チャイルドロック機能などがオンになっていた可能性もありますが、キーを持っていない車内の人からはどうやってもロック解除できず、閉じ込め状態に。すぐにクルマに戻ったからよかったのですが、これが夏場などに長時間離れていたらと思うとゾッとしたのでした。

うっかりキーを持ったままクルマを離れた自分も悪いけど、もし車内に取り残された人がいたら、それを検知して警報音と鳴らしてくれるとか、ハザードランプを点灯してくれるとか、そうしたセーフティネット的な機能も必要かなと感じますね。

5)コネクテッド機能

5つ目は、会話をするように話しかけるだけで、ナビの目的地設定やエアコン調整などの操作をしてくれたり、天気予報などいろんな情報が手に入ったり、オペレーターと話せたりする、いわゆるコネクテッド機能。

もういろんな車種に搭載されていますよね。確かに、施設名や住所を言うだけでナビ設定ができるし、「近くの駐車場があるレストラン」なんて話すと候補をピックアップしてくれるし、すごく便利なんですが、これも使っていくと「う?ん」と思うシーンもあるものです。

例えばナビの目的地を設定するときに、「木更津アウトレット」と言うとダメで、「木更津プレミアムアウトレット」と言うとOK、みたいな微妙なところ。予測変換してくれるものもありますが、まだ正式名称じゃないと応えてくれないことも。

普段から略称で覚えていて、正式名称がわからない場所ってよくあるものですよね。

それらも拾ってくれるようになるといいと思います。

これからに期待

ということで、かなり便利なんだけど惜しい!

と思うクルマの装備を5つご紹介しました。でもこれも、ユーザーの声を常にすくい上げて技術に生かしていくメーカーのことですから、すぐに進化して改善するのだろうと思います。

「ここがもうちょっと」と思うことがあったら、ディーラーのスタッフに話したり、メールなどで意見として送ったり、リアルな現場の声をフィードバックしていきましょう。

ネットの声

「ワイパーは手動でスピード調整できるだけでいい。オートライトも作動するルクスを調整できるといいけど、これは安全基準上無理かな?スマートキーやオートリアゲートなんかは、コストが下げられるなら非装備でもいいと思う。」

「得意先に行く時に道は分かっているがたまにはカーナビ使ってみるかとルート検索したら推奨ルートがまさかの峠越え。まあ騙されてやるかと走ったら林道みたいな道を走らされてやめとけばよかったと思っていたが意外に早く着いた。ただ到着したらナビに「もう少しエコ運転を心がけましょう」って言われたがあんな道走らせといて無理だろと思った。」

「今乗ってるのがオートワイパー付いてますが、正直感覚合わないなって感じです。ブレーキ踏んで、屋根の水が落ちてくると、フルスピードで動いたり、霧雨の時に見にくくなってそろそろ動いて欲しいタイミングでなかなか動いてくれないし、間欠の時間を何種類か変えれるワイパーの方がストレス感じないなって思います。逆にオートライトは超有り難い装備ですが、これも欲を言えば、停車して何秒かしたら減光するとか なれば完璧に近いんですけどね」

完璧なナビというのは難しいでしょう。方角が合っているなら近づいているというだけでもOK。

オートワーパーにしても人間の五感を大切にしたいですね。

おすすめの記事