落語家の笑福亭鶴瓶(68)が1日深夜放送のテレビ東京系「チマタの噺」(火曜深夜0・12)に出演。

親交の深いタレントのタモリ(75)の奇行を明かす場面がありました。

あの人はおかしい

親交が深いタモリについて話が及ぶと、鶴瓶は

「あの人はおかしい、一番。(明石家)さんまにしても、(ビート)たけし兄さんにしても、おもろいけど、私生活そこまでちゃう」

とキッパリ。

ゲストの東野幸治(53)も「タモリさんってなんか狂気がある」と、そのおかしさに同意したのです。

『いいとも』で長年共演

タモリとは、フジテレビ「森田一義アワー 笑っていいとも!」で長年共演していた鶴瓶。

最近も「電話したりとか、会う時もあるけど」と連絡を取り合っているそうです。

普通とおかしいときが極端

そんなタモリについて、「やっぱり普通の時と、おかしい時とか極端。俺にしか見せんのちゃうかな」と鶴瓶。

ハワイにある鶴瓶の家にタモリが訪問した際、「裸でツボ持って。こうやって(頭に乗せて)座ってんねん。気付くまでそうやってる」とタモリの奇行を明かしたのです。

真意がわからなかったため、数年後「あれ、何やったん?」と聞いたところ、「あんたのところにあった机の(足の)ところで、何人か知らないけど、奴隷がツボを持ってた」と説明したそう。

「そんな細かいところ、わからへん」と苦笑。

「なんで言わへんの?」と尋ねると、タモリは「そういうところが俺なんや」と返したというのです。

ネットの声

「タモリさんはお笑い界では別次元の人という印象。多才でいてちゃんと普通の感覚を失わないのも国民から支持されている秘訣かと思う。」

「タモリさんは、ずっとフラットな状態で淡々と「変態」であることを貫いて楽しんでいる人だと思います。イグアナの形態模写(モノマネ)とか、ふつうの人には思いもつかないことをする他に類を見ない「奇才」な人物だと思う。程よく「肩の力の抜けている」タモリ?楽部でのマニアックなところがタモリさんのキャラをよく表している番組だと思う。」

「狂気あってこそ笑いの道は極められるのかとただしタモリは普通を悟り切っての狂気で、誰かが追いついたり、そもそも追随するのは至難の業だろう」

私生活では、さんまはそのままでたけしは寡黙…そんなイメージです。

タモリの私生活はかなり面白そうですね。

おすすめの記事