コロナ禍において、多くの企業に導入されているリモートワーク。

通勤時間がなくなり、仕事における無駄な時間がなくなったなど喜ぶ声も…。

その一方、コミュニケーション不足になる、自宅に仕事環境が整っていないため仕事がしにくいなどの声もあります。

通常再開に戸惑いも…

ゴールデンウィーク明けから通常勤務を再開するという企業もあるようです。

しかし、これまでリモートワークを満喫してきた会社員からは

「ギリギリまで寝る習慣がついちゃったから朝起きられるか心配…」
「音楽聞きながら仕事するっていう自由な環境が失われるのか」
「またあの満員電車に乗らなきゃならないかと思うとうんざりする」

と、通常勤務再開への戸惑いが聞かれているそうです。

満員電車に戻りたくない…

在宅勤務がもっとも評価されていた一つが、仕事開始ギリギリまで寝られるという点です。

通常勤務の場合、朝食や身支度、出勤時間を考慮した時間に起きなければいけません。

一方で、在宅勤務の場合は起きてすぐに仕事をすることも可能。

朝食を食べながら仕事をする人だっているでしょう。

オンライン会議があった場合も、フィルターを使ってメイクをしているように見せることも可能なため、「肌の調子が良くなった」といった声も聞かれます。

さらには、リモートワークならば好きな音楽やユーチューブ、ドラマを見ながら仕事をしてもOK。

能率さえ落とさなければ誰にも叱られることはありません。

自分の好きな環境で仕事ができる機会が失われることへの悲しみの声も多々見られました。

満員電車から解放されたことも、会社員にとってはかなり大きなメリットとなっていたようですよ。

終業後はどうする?

通常勤務が始まることで懸念されているのが、終業後の行動なのだそうです。

外出自粛でストレスを溜めた人が、「少しくらい」という気持ちから不急のショッピングに行ったり、久しぶりに会った同僚を飲みに行ったりなどすることは予想されます。

ネットからは

「ゴールデンウィーク中よりも、明けてからの感染者が増える気がする」
「リモートワーク終わりで感染者増えそうだな」

という声も見られます。

コロナ禍という特殊な環境だからこそ浮き彫りとなった、リモートワークのメリット・デメリット。

リモートワークを快適に思っていた人にとっては、リモートワーク明けの仕事はかなりつらく感じるものとなるかもしれません。

ネットの反応

「リモートワークと言ったりテレワークと言ったり。どっちかはっきりしてほしい。どっちでもいいんだけど統一しないとややこしいよね。厳密にはちょっと意味が違う…なんて言い出したら始末に負えないよ」

「在宅勤務と連休がごっちゃになって何がなにやら…いちおう手持ちの仕事が終わっていても、会社に行くのが不安…。というか。家にいると社会復帰できるのか不安になるよね」

「どっちみち、日本ではテレワークは馴染まないような気がする。というか2極化するのはわかってるので、どっちでもというよりもはっきりと決めてほしい。通常勤務できる会社に転職したい。」

コロナショックで加速した感のあるテレワークですが、4月から同一労働同一賃金が始まってるんですよね。

おすすめの記事