通勤にスニーカーはありだけどパンツとの組み合わせが大切!

スニーカー通勤でダサくなる人の特徴。履いていいのは2タイプだけ

ここ数年でビジネスファッションの多様化が加速しています。

2018年3月に国民の健康増進を目指し歩くことを促進する官民連携プロジェクト「FUN+WALK PROJECT」が発足。

歩きやすい靴や服装での通勤スタイルがさらに注目されるきっかけとなりました。

今やスニーカー通勤は大手企業を中心に、想像以上の拡がりを見せています。

とはいえ、どんなスニーカーでもビジネスファッションに合う訳ではありません。

「スニーカーの色選び」に加え「パンツの丈感」「合わせるスーツ」まで、好印象に仕上げるコツが無数にあります。

スーツに合わせられるスニーカーは

茶色のレザースニーカーは難易度が高い

ビジネスファッションに合うスニーカーの色・形状は限られます。

一歩間違えれば、とてもビジネスマンには見えない装いなってしまいます。

足元が悪目立ちしないようカラーリングは黒・白に絞られます。

意外かもしれませんが茶色のレザースニーカーは革靴ライクに見えるため、難易度が高いのです。

その形状はスポーティーな雰囲気を感じさせないものに限定されます。

たとえば、バスケットシューズのようなハイカット型は当然NG。

また、今流行りのボリュームあるスニーカーも、スラックスのドレス感に負けてしまうリスクがあります。

コンバースのようなキャンバス地もカジュアル過ぎるでしょう。

目上の人も納得する今どきスニーカーは「本革タイプ」もしくは「メッシュタイプ」です。

本革タイプはドレス感がありますし、メッシュタイプは黒でも軽量に見えるため、涼しく見えます。

ただし、どんなにスニーカーの条件を満たしていても、着こなしが間違っていればだらしなく見えてしまいます。

スニーカー通勤はパンツの丈が重要

スニーカーのビジネスマンは徐々に増えていますが、馴染んでいる人と違和感がある人に分かれます。

この違いは、スニーカーの選び方というより、「スニーカーとパンツ丈のバランス」です。

スニーカーはその性質上、合わせるパンツ丈が、革靴にくらべ短くなります。

というのも、革靴とスニーカーで、覆いかぶさったパンツ生地の見え方が大きく変わるからです。

ツルっとした表面の革靴に覆いかぶさったスラックスは、ヒラヒラ揺らぎ、その様はエレガント。

しかし、スニーカーに覆いかぶさったスラックス生地は、凸凹したスニーカーの形状に引っかかり野暮ったい印象に見えてしまいます。

スニーカーに合うビジネスパンツの丈は、「生地が完全に覆いかぶさらず、少し触れる程度」。

これがスニーカー通勤をスッキリ見せる工夫です。

ちなみに、スニーカーは、スーツよりオフィスカジュアルによく合います。

お堅いスーツよりオフィスカジュアルがマッチするのです。

初心者は、いつものスーツに合わせるのではなく、ジャケットもしくはノージャケット姿で着こなしてみましょう。

おすすめはスニーカー以上革靴未満

ドレスライクな印象だが、履き心地はスニーカーのよう

完全なスニーカータイプに抵抗がある人にお勧めしているビジネススニーカーがあります。

スニーカーソールに革靴のアッパーソール(足の甲を覆う部分)を載せたビジネススニーカーです。

ドレスライクな印象で、履き心地はスニーカー。

その手のビジネスシューズはこれまでもありましたが、最近そのバリエーションと扱いが増えています。

このとき、パンツとアッパーソールの色をなるべく近づけましょう。

たとえば、黒いアッパーソールに濃いグレーのスラックスを合わせます。こうすることで、スニーカーの白ソールが際立ち爽やかです。

新しい生活様式として、この夏、スニーカー通勤にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事