ロザン宇治原が素行の悪い人の美談に違和感…

ロザン宇治原、素行が悪い人の美談に違和感「普段もちゃんとせーよ」

お笑いコンビ・ロザンの宇治原史規と菅広文が13日、YouTube公式チャンネル「ロザンの楽屋」に出演。

「普段悪いヤツがたまに良いことをしたときに誉めすぎ」と題した動画内で、真面目な人が正当に評価されない世間の風潮に苦言を呈したのです。

本当は良い子??

「素行の悪い人が良いことをすると、普通の人よりもより良いことをしたように受け取られがち」という視聴者の意見に対して、宇治原は、「僕は35年前からそれ言うてます」と同調。

小学校時代に、素行が悪くて有名だった上級生が、弟と手をつないで登校していることに、

大人たちが、「あの子は普段悪いことをしてるけど、弟を学校に連れて行って、本当は良い子なんだ」と褒めるのを聞き、

「ふざけんな!」と怒りがわいたエピソードを披露したのです。

普段もちゃんとしろ

「弟を毎日学校に連れて行ってるお兄ちゃんなんか、ごまんといる。その子らは何も褒められてない。でも、このお兄ちゃんは、普段悪いことをしてるから、弟を連れて行ってることを褒められる。絶対おかしい」

と怒りが収まらない様子の宇治原。

「普段も品行方正で、『このお兄ちゃんは本当に素晴らしい』って言うんだったら分かる。『弟を毎日連れて行く優しさがあるのは分かったから、普段もちゃんとせーよ』って、このお兄ちゃんに言うべき」だと主張したのです。

直していかないと

「こんな世の中であってはならない」と終始怒りモードの宇治原だったのです。

菅も、「僕はマイナスからプラス論って呼んでるんですけど。プラスになろうと思ったら、先にマイナスになることをしといたらええのかっていう。それって良くないよね。だって、ヤンキーがお年寄りに席譲ったら『ええ子や』ってなるけど、普段から席譲ってる人の方がええやん。でもその人は褒められへん。それは直していかなんな」と共感している様子でした。

おすすめの記事