お笑いコンビ、爆笑問題の太田光(55)が、来月1日に東京地裁で開かれる「日大芸術学部裏口入学裁判」で、

初めて法廷に立つことが9月8日、明らかになりました。

新潮社を提訴

太田側は日大芸術学部に裏口入学したとの虚偽の記事を「週刊新潮」に掲載されたとして、

発行元の新潮社に約3300万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴していたのです。

和解交渉が決裂

週刊新潮は18年8月16・23日号で「爆笑問題『太田光』を日大に裏口入学させた父の溺愛」と題した記事を掲載。

12年に亡くなった父三郎さん(享年83)が800万円を渡したと報じていたのです。

18年10月に第1回の口頭弁論が行われ、その後は和解交渉が行われたが決裂していました。

口頭弁論でのやりとりは、主に弁護士同士が行ってきたのです。

徹底的に

太田の妻で所属事務所タイタンの太田光代社長は

「太田の父は亡くなっていますがはっきりさせます。3年越しの戦いです。今までは弁護士さんに任せてきましたが、今度は太田も出廷します」

と話しています。

ネットの声

「ガセネタなら、きちんと法廷で白黒つけた方が良い。変に和解を受け入れると、週刊誌側に貸しを作ったと思われかねない。
日大側も名誉毀損で訴えないのかな? 800万円が裏口入学の相場と思われるよ。;;+」

「太田さんて分かり合えればいい、分かり合いたいという思いで熱くなることはあるけど、本来闘争は好まない人だと思う。週刊誌から被る名誉毀損を追及するにはお金と時間と労力を要する、泣き寝入りしないでここまで持って行ったのはやっぱり親御さんの名誉を取り戻すって気持ちと、新潮が向き合おうとしなかった事に対する憤りが大きいのかな。」

「本当に虚偽の内容だったら断固戦うべきで、太田の出廷も至極当然の事だと思います。」

裁判で決着というのは太田よりも奥さんのほうが熱くなってる感じですね。

それと新潮社のほうもまったく引かなかったのでしょう。

しっかりとした裏を取っているような感じもしますし、裁判の行方が興味深いです。

おすすめの記事