各メーカーが販売する使い捨てマスクは、その「表裏」の判別方法について度々話題となっています。

警視庁のツイッターアカウントが、その「見分け方」を投稿したところ、リプライ欄には疑問の声も。

実際のところどうなのか、J-CASTニュース編集部がメーカーに確認してみました。

「ひだ」の向きで見分ける?

警視庁警備部災害対策課は使い捨てマスクの表裏の判別方法を2020年5月29日にツイッターで公開しています。

簡単な説明画像を添えて「プリーツ型マスクを調べてみると、プリーツのひだが下向きになっている方が表(外側)のようです」などとツイート。

画像を見ると、ゴムの接着面が外側になっている方が「表」とも解説しています。

また、プリーツ(折りひだ)が下向きになる理由について「プリーツのひだが上向きだと、段差部分に空気中の埃やごみがたまる原因になります」としています。

ところが、リプライ欄には

「生憎ですが、マスクの表裏についてはケースバイケースで統一ルールは存在しないものと認識しております」
「一概には言えない。ゴムが外側のものと内側のものがあります」

といった指摘が。

災害対策課のアカウントもそこは承知しているようで、上記のツイートの中では

「マスクの種類やメーカーによって仕様が異なりますので、説明書をよく読んで正しくマスクを着用するようにしましょう」と、仕様の違いによる注意を呼びかけています。

ロゴを記載しているマスクも

「三次元マスク」などを販売する興和の広報部。

自社のマスクについて「製品ごとに仕様が異なる」とし、

「基本的にはパッケージに表裏について説明が記載されており、そちらを見ていただければ」とコメントしました。

ユニ・チャームの広報担当は自社の「超快適マスク プリーツタイプ」について、

「ロゴが読める側が外側」だとし、

「マスクをかけた時に、外から見て本人の左下にある『Unicharm』というロゴが読める」状態が正しい付け方だとコメントしています。

また、ひだの向きについて、

「超快適マスクのプリーツはヒダが上下から畳まれており、マスクの真ん中に空間ができるようになっている」とのことでした。

プリーツ「上向き」のマスク

小林製薬の広報・IR部は、就寝時に使うという「のどぬ~る ぬれマスク」について「プリーツは上向きです」と回答。

また、「メーカーごとに使い捨てマスクの仕様は異なるのか」という質問には

「異なっております。また、ゴムひもの接着に関してもメーカーによって様々ですので、各製品の使用方法をご覧いただくのがよいかと思います」

とコメントしています。

ネットの声

「プリーツの折り目にホコリやウィルスが入りづらいように、入っても下に落ちるように、ゴムは外側のほうがマスク本体が顔にフィットしやすい…と思っていました。そろそろ消費者庁にマスクの品質表示・機能表示の基準を設定してもらいたいです。 ウィルス対策、花粉対策、咳エチケット用、通気性のレベル、などなど。」

「自分は花粉症持ちで、元々長期使用しているので、メーカーによって作りの違いがあるのを知っていたので、毎回説明書を読んでから使用していた。ただ構造によって、性能に差が出るのなら、きちんと作って欲しい。ただ今回のコロナの事で、医療用マスク以外は、ウイルスになると防御は完璧ではなく、相手に飛沫を飛ばさない方が重要と言う事がよくわかった。」

「日本マスク工業会の方があるメディアで裏表によって通常は効果に差はないとおっしゃっていました。ただ基本はパッケージを確認する。そして何より密着性を高くすることが重要です」

使い捨てということを考えると、裏表は誤差のレベルだと思いますけどね…これは少し乱暴な意見かも。

おすすめの記事