売れない芸人…40代でもアルバイト…芸人仲間が支えてるよ

オードリーが、華丸大吉が、劇団ひとりが…売れない芸人支える言葉にスタジオも感激

1月21日深夜にテレビ朝日系で放送された「アメトーーク」。

「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」をテーマに、10人の売れない芸人が登場しました。

その中で、すでに売れている芸人たちからの物心両面での支えが明らかになり、MCの蛍原徹らを感激させたのです。

まだ可能性がある

番組最後に、なぜ引退せずに芸人を続けているのか?という質問が投げかけられました。

経済的にも体力的にもきつい生活が続いているのですが、TAIGAは「オードリー、カズレーザー、ぺこぱが『TAIGAさん面白い、面白い』と言ってくれて、まだ可能性があると思ってしまう」と打ち明けたのです。

そして「アメトーーク」出演をオードリーの若林に伝えたところ、届いたメールを紹介。

「TAIGAさんは絶対売れる」
「いい年こいてまだまだ売れたいと思っている、必死で泥臭いTAIGAさんがみんな大好きだから」

と励ましてくれた文面にスタジオも自然と拍手がわいたのです。

給付金も

5GAPの2人は、博多華丸大吉にかわいがってもらっているといい、飲みに行った際の先輩からの言葉を紹介。

「食えないから芸人を辞めるって絶対に言うなよ。お金がないならいくらでも貸す。オレはお前らの事が好きで面白いから。何があっても食えないから芸人辞めますとは絶対に言わないでくれ」

と言われたといい「お世話になった方に恩返しをしたい」と芸人を続ける理由を語ったのです。

神宮寺しし丸は、劇団ひとりから「コロナでバイトもできない時期があったんですけどそのときに『劇団ひとり給付金だ』って言って、お金を振り込んでいただいた」

と明かし「絶対に売れて、いつか(お金を)返します」と誓っていました。

励ましの言葉がうれしい

だーりんず小田は、賞レースで惨敗した時にかけてもらったバイきんぐ・小峠からの言葉を紹介。

「お前、賞レースで優勝するために芸人になったのか?」と言われ「違うよな?バラエティに出てトークしたり、体張ったり、そういうのに憧れて芸人になったんだろ?夢でもなかったことで失敗して辞めるっていうのは違うと思う」

と言われ、「焼き肉屋のテラス席で号泣した」そう。

ワンワンニャンニャンの菊地優志は、よゐこ・濱口優の名前を1文字もらい、「正志」から「優志」に改名したというのです。

「濱口さん、若手のコントサークルやってテレビに出させてくれたりして、『バイト辞められるようにオレも頑張るから、みんなもついてきてね』って」と感謝しきり。

この芸人同士の絆に、MCの蛍原徹らも感激の表情を浮かべていました。

ネットの声

「昨日のアメトーークは笑いは少々だったけど、内容は良かった。このコロナ禍でバイト芸人が大変なのを判って、こんな企画を放送したプロデューサーの加地さんの芸人愛ですな。」

「オードリーも華丸大吉も劇団ひとりも自分達が苦しい時に先輩に助けてもらったんだよ。ずっと心に残っていて
そのご恩返しを今後輩達にしてるんだよ。後輩達が感謝そして恩を返すって言ってるように。」

「昨日のアメトークは、ポロリとさせられました。テレビで活躍出来る芸人さんは、ほんの一握り…40歳を過ぎても芸人を辞めず、バイトで自分や家族を守っている姿はカッコ良かった。先輩の芸人さんに愛されて支えられている人格も、才能の一つだと思います。どんな世界もやっぱり人間と人間の支え合いなんだな…」

誰もが苦しい時代があって今があるので、助け合いはお互い様なのでしょう。良い番組でした。

おすすめの記事