米国はオフィス回帰…テレワーク離れが進んでいる

2020年の新年度は、思わぬ始まり方となりました。

ちょうど新型コロナウィルス感染の重大局面の時期であり、外出自粛が強く要請されたのです。

多くの人を集めるイベント事はことごとく中止となり、企業での入社式もウェブを通じて行われるなどの対応がとられました。

テレワーク先進国の米国では

在宅勤務“先進国”の米国…すでにテレワーク廃止&オフィス勤務義務化へ回帰という現実が始まっています。

どうしてもウェブ会議には向かないと思われるシチュエーションもあるようです。

たとえば、初めて会う人との打合せです。

互いによく知っていて、気心が知れている相手との打合せであれば、特に問題は感じません。

ウェブでのやりとりに慣れてしまいさえすれば、対面の時と同じように、互いに忌憚のない意見を言い合い、打合せの効果がさほど下がったようには思われないのです。

しかし、初めて会う人の場合にはだいぶ異なるのです。

これは初めて会う人に限ったことではありません。

面識はあっても、良くは知らない人、信頼関係をいまだ築けていない人が相手の場合は、同様のことが起こり得るのです。

誤解が生じてしまい、関係が悪化してしまうようなことは十分起こり得るということです。

実際に、テレワークへの取り組みが日本よりだいぶ進んでいる米国において、そうした問題がすでに多く見られています。

結果、IBMをはじめとして、「テレワーク制度」廃止の動きが起こっているのです。

テレワークが向いていないこと

テレワークの先駆者ともいえるIBMは、2017年5月にテレワークの廃止を発表。

数千人もの在宅勤務の従業員に、「オフィス勤務か退職か」をつきつけたのです。

同様に、アップル、グーグル、フェイスブックも、テレワークを勧めてはいません。

むしろ、労働環境を快適にしてオフィスを魅力的にすることによって、社員にオフィスで働くメリットをアピールしているのです。

また、IBMと同じく、かつてテレワークを積極的に実施してきた米ヤフーも、勤怠管理がうまくいかなかったため2013年にテレワークを廃止しています。

テレワークは、個人で自己完結する仕事を行う上では効率的であり、向いているといっていいでしょう。

しかし、他者と強調しつつチームで働くということには向いていないのです。

IBMが従業員をオフィス勤務に戻した理由は、社員間のコミュニケーション不足と言われています。

特に、イノベーションを起こすためには、社員間の密なコミュニケーションや信頼関係が大切。

そのためにはオフィス勤務で日々の何気ない会話や気遣いなど、顔を合わせて仕事をすることが必要と判断したと考えられます。

対面での信頼関係作りが大切

テレワークをする社員が増えれば、チームビルディング等の職場としての一体感を強化する取り組みは必要とされなくなる…

そのような誤解があるかもしれません。

実際は、テレワークが増えれば増えるほど、職場としてのまとまりはかえって重要となるのです。

なぜなら、米国ですでに起こっている通り、十分な信頼関係がない場合、テレワークはうまくいかないことがわかっています。

そうなると、生産性が低下するばかりか、人間関係さえ崩壊させかねないからです。

よって、採用して間もない社員などにそのような働き方をさせることには無理があるといっていいでしょう。

まずは一定期間一緒に働き、信頼関係をつくる必要があるのです。

信頼関係があってこそ、機能する働き方だからということですね。

結局のところ、逆説的になるのですが、テレワークを進めるうえでのカギは、対面での信頼関係づくりにあるということになります。

ネットの反応

「Web会議はどうしても話す人と目線を合わすことがないので、会話が不毛になるんですよ。慣れが必要といってもなかなか慣れない」

「結局のところ、組織の一員なのでずっと自宅でテレワークは不安にさいなまれる…」

「最終的には回帰ってことになるんだよね。日本ではテレワークは定着しないように思う。」

日本ではコロナショックが終息すれば、テレワークがますます進むと見られています。

しかしその先は、結局満員電車が懐かしい…ということになるのでしょうか。

おすすめの記事