失われた20年…どうして日本のGDPは伸び悩んでる??

経済大国は今や昔!なぜ日本のGDPは伸び悩んでいるのか?

90年代後半からGDPが伸びていない

GDP(国内総生産)は、日本国内で新たに生み出された付加価値の総和です。

日本国内でモノやサービスがどれだけ生み出されたかの尺度です。

ところが、日本のGDPは90年代後半から、ほとんど伸びずに一進一退で、ほぼ500兆円どまりで停滞しています。

米国や中国の伸びが著しいのは、一目瞭然ですが、ドイツやフランス、イギリスなども伸びは緩やかながらも成長を続けています。

この傾向は一人当たりGDPの伸び率でも同様なのです。

日本だけが停滞しているために、95年にはGDPの世界シェアで18%も占めていたのに、18年の予測シェアではたったの5・2%にまで縮小しています。

経済成長がほとんど止まっていることが窺えますが、原因は何でしょうか。

国内消費が伸びない

一つには、GDPの6割を占める国内消費が、デフレで盛り上がらないことが挙げられます。

これは、実質賃金が増えないことと関係しています。

消費税の上昇も可処分所得を減らすのに寄与しました。

国民の懐がどんどん寂しくなってきているわけです。

また、15歳から65歳未満までの生産年齢人口の縮小も大きいでしょう。

80年代の勤労者は年間2000時間も働いていましたが、今では1800時間程度と働く時間も大幅に減っています。

かくして日本のGDPは伸び悩むようになったのです。

近年貧乏になった日本人は、リサイクル需要旺盛で、メルカリなどのフリマアプリを生み出しましたが、古物売買は新しい価値を生み出したことにはならないため、仲介手数料はカウントされても、GDPには算入されません。

結局人口減少とともに、日本のGDPは縮小する運命でしかないのかもしれません。

眠れなくなるほど面白い 図解 経済の話

日本の社会をとりまく環境は日々変化を続け、日本経済を知ることはイコール「世界や社会の今」を見ることにもなる。

行動経済学から、原価のしくみ、生活に密着した経済の疑問や問題点など、いま知っておきたい経済の基本を、身近なテーマとともに図とイラストでわかるやすく解説、読み解く一冊。

ネットの声

「今の経済政策だって、何十年も前のケインズ理論と、シュンペーター理論のミックスにインフレターゲットとかいうちょつとだけ新しい、(といっても2013年から)調味料で、実質賃金下がってるのに内閣支持率、与党支持率に影響ない。
これも行動政治経済学で解くことができるかも。そんなこんな、考えが身に付くお手軽で、結構中身濃いけど解りやすく書いてあるとおもいます。よくある3文経済解説書とは、一線画す良書だと思います。」

「本当かどうかの判断はできませんが面白かったです。わかりやすいので、読んで知識の幅を広めるのに良いと思います。」

「日本経済の問題点が章立てできちんとまとまっていてわかりやすい。次は、ではこれからどうすればいいのか、という未来の視点で執筆してほしい」


(↑クリックするとAmazonのサイトへジャンプします)

 

おすすめの記事