薄口政治評論家…杉村太蔵が飯塚被告の主張も尊重…

「正当性を主張するのは最も尊重されるべき」

11日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)。

昨年4月の「池袋暴走死傷事故」で、自動車を運転し11人を死傷させ過失運転致死傷に問われた飯塚幸三被告(89)。

10月8日、東京地裁で行われた初公判で無罪を主張したことを特集しました。

 

無罪を主張

飯塚被告は罪状認否で

「アクセルペダルを踏み続けた記憶はありません。車に何らかの異常が起きて暴走した。暴走を止められなかった」

と述べ、起訴事実を否認しました。

弁護側も「過失運転は成立しない」として無罪を主張したのです。

バッシングは冷静に

元衆院議員でタレントの杉村太蔵は「遺族の方の立場になって考えますといたたまれないし言葉がないんです」とした上で、

「一方で少し冷静になって考えないといけないのは、私たち民主主義の社会に生きていますよと。そういう時に裁判において被告が自分の正当性を主張するのは、基本的人権の中では最も尊重されるべき一丁目一番地。これは否定するのは、ましてやメディアで強くバッシングするのは冷静にならないといけない」

と指摘しました。

ルール上はそうだけど

これにタレントの鈴木紗理奈は「ルール上はそうですよね。権利はありますけど、反省しているように見えない」などと反論しました。

さらにデーブ・スペクター氏も「弁護士のアドバイスを無視する権利もあるわけです。本人が最終的に人間として失格としかいいようがない」などと指摘しました。

これに杉村は「推定無罪という大原則はメディアで押さえておかないといけないポイントだと思います」とコメントしていました。

ネットの声

「否認戦術は、わたし個人的には被告人に結果的に損しかないと思う。しかし被告人が否認するならば、それに添うのが弁護士の使命。
そういう意味で、弁護士のアドバイスを無視する自由があるというデーブ氏のコメントは真逆だと思う。このケースで被告人が自白しているのに弁護士が否認をアドバイスするなどあり得ないでしょう。
推定無罪を報道機関が忘れてはいけないとする杉村氏の世論に阿らないコメントは立派だと思う。判決の行方に注視しましょう。」

「本当に記憶が無いんだろうな。判断力が鈍ってて足腰も悪い。元から運転してはいけない人だったんだろ。
事故の原因の前に運転をしたという事実だけで心底遺族に謝るべき。」

「そのとおりなんだけど......高齢者の裁判における時間が重要度が、今回の事件で浮き彫りになった。
加害者の謝罪も、事実究明もなく、ただただ被害者だけが残される。
確かにバッシング。でも多くの人は、そういうあまりにもひどい理不尽さに憤っているのだと思う。」

日本中が驚愕した罪状否認…意図的というよりも本当にそう思っていてそれを正直に言っているように思えます。

すなわち、遺族に対するお詫びについても形式的なものにとられてしまってます。

思い込んでいるからしょうがないのですが、結果的に不利になるのは間違いないのにかなりの頑固者ですね。

おすすめの記事