2020年5月25日、アメリカ・ミネソタ州で白人警官に首を圧迫された黒人男性のジョージ・フロイドさんが亡くなるという事件が起こりました。

この事件をきっかけにアメリカ全土では警察による黒人への暴力に抗議するデモが続いています。

平和的なデモもあれば暴動も

デモの多くは平和的に行われていますが、一部では警察とデモ参加者が対立する場面もあり、暴動も起きています。

テキサス州ヒューストンに住むSimeonB(@iamsimeonb)さんは、娘のシモーネちゃんを連れてデモに参加しました。

そこでシモーネちゃんが泣き出してしまったのです。

すると1人の警察官が彼女に気付いて近づいてきたのだそう。そしてシモーネちゃんは警察官に尋ねます。

「私たちを撃つつもりなの?」

それを聞いた警察官は…

母親と思われる女性があわてて「そんなことをいうんじゃないの!」とシモーネちゃんにいいます。

警察官はしゃがんで彼女の肩を抱いてこういったのです。

僕らはきみたちを守るためにここにいるんだ。いいかい?きみたちを傷つけるためじゃないよ。

きみは抗議でも、パーティーでも、何でも好きなことをしていいんだ。

ただ何も壊してはいけないよ。

これに多くのコメントが

この動画は拡散され、多くのコメントが寄せられています。

  • この警官は僕らが今、何を必要としているかが分かっている。
  • 涙が出た。本当にいい警察官も大勢いるのよ。
  • こういう子が素晴らしい未来を作っていく。

アメリカでは昼間の平和的なデモに子供を同伴する親も多く、この動画が撮影されている場所も混乱は起きていないようです。

そのため子供に危険はないと思われます。

警察官は本来、市民を守ってくれる存在であるはず。

もし子供たちが「警察官は自分たちを傷つける」と信じてしまったら、助けが必要な状況になった時に誰に助けを求めればいいのでしょうか。

シモーネちゃんのような幼い子が警察官にこんな質問をしなければならない状況自体が、悲しいことと思わずにいられません。

親が安心して「困った時は警察に連絡しなさい」と子供に教えられるように、黒人への暴力や差別を根絶するべきなのでしょう。

「さとうきび畑の唄」のドラマを思い出す

「さとうきび畑の唄」は沖縄戦を題材にしたドラマです。

勇の嫁となった紀子は学校の先生として次女の春子の担任になって働いていました。

授業中に勇が戦死したということを告げられた紀子は子供たちに「戦争では何も解決しない」と戦争を批判。

春子に「米軍にこう言うの!Do you kill me?って」と言い残し日本軍に連れて行かれてしまうシーン。

紀子は防空壕で家族と隠れていて、米軍からの砲火攻撃を受け防空壕が崩れだし、岩が春子に落ちてくるのをかばい死んでしまいます…。

春子は銃口を向ける米軍に「Do you kill me??(私達を殺すの?)」と聞きます。

米軍は銃を下ろし「大丈夫、殺しはしないよ」と沖縄戦は終わるのでした。

おすすめの記事