有名な俳優やモデルが実践している「ベジタリアン」や「ヴィーガン」の食事「ベジタリアン=身体によい」というイメージが先行していますが、実際のところはどうなんでしょうか。

ベジタリアンのメリット

ベジタリアンといえば健康的なイメージです。

有名人にベジタリアンが多いのは衆知の事実。そこでベジタリアンのメリットについて調べてみました。

消化がスムーズで身体が軽くなる

動物性のたんぱく質は野菜に比べて消化に時間がかかります

そのため、内臓に負担がかかるのです。


消化するために必要なエネルギーも多く…そこで、お肉を食べるのをやめると…

身体がスッキリし、軽くなったように感じるという人が多いのです。

デトックス効果

動物性の脂質を摂りすぎると、腸内の悪玉菌が優勢になります。

そうなると、腸内環境が悪化するのです。

腸内に有害物質や発ガン性物質が増えて…

お肉や魚をやめ、野菜をたくさん食べることによって、体内で毒素が発生するのを抑え老廃物を取り除くことができます。

乳製品をやめると体調が良くなる

実は、東洋人には牛乳が身体に合わない人が多いと言われています。

長年悩まされていた不調が、乳製品をやめると治った、なんてこともあるようで、試してみてもよいかもしれません。

生活習慣病などのリスクが減る

ベジタリアンの食事を実践している人は、肉を食べる人に比べて、がんや心臓病などの発症リスクが低いという研究結果もあります

さらに、お肉やチーズなどは酸性食品に分類されますが、酸性食品を食べすぎることで、糖尿病のリスクが上昇するという報告もあります。

体臭が臭くなくなる

ベジタリアンになって、体臭が減ったという人も少なくありません。

実際に科学的にも証明されていることで、肉食系の欧米人は体臭がきついのはそのためなのです。

精神的に健康になる

菜食主義者になることで、「動物や環境に優しいことをしている」と感じることができます。

「周りの人やものに優しくする」という意識が芽生え、精神的に良い影響があると感じる人が少なくないのです。

菜食主義によるデメリット

メリットがあるいっぽうで、菜食主義によるデメリットも報告されています。

栄養が不足しがち

動物性食品を食べないと、たんぱく質・ミネラル・オメガ3脂肪酸などの栄養が不足しがちになります。

栄養の知識をしっかり付け、意識してバランスよく栄養を摂るように心がけることが必要です。

お肉を避けるだけでは健康になれない

「お肉・魚をやめれば健康になれる」ということではありません。

本来、必要だからお肉を摂取しているのです。

意識して栄養バランスの良い食事をするようにしなければいけません。

お肉をやめたからといって健康にはなることはないのです。

むしろたんぱく質が不足して、不健康になるかもしれません。

骨密度が低下する

ベジタリアンの人はカルシウムも不足しがち。

野菜にもカルシウムは含まれているのですが、乳製品などに比べ吸収率が悪いそうです。

小松菜や海藻など、カルシウムの豊富な食品を食べるとともに、カルシウムの吸収を良くするマグネシウムやビタミンDを合わせて摂らなくてはいけません。

便秘がちに

動物性脂質を摂らないと便通が悪くなります。

ただし、良質な油や食物繊維をバランスよく摂ることで、逆にお通じがよくなることが期待できます。

すべての病気のリスクが下がるわけではない

ベジタリアンになると健康になる…病気のリスクが減ると思いがちです。

しかし、病気にかからなくなる訳ではありません。

ある研究では、完全菜食者(ヴィーガン)もそうでない人も、乳がん・大腸がん・前立腺がんのリスクは変わらなかったという報告があります。

人づきあいが難しくなる

一番のデメリットはこれかもしれません。


お肉や魚、乳製品を食べないことで、外食するときに周りの人に気を使わせてしまうのです。

それがストレスになることもあります。

もっとも、菜食主義者になるとどうしても人を遠ざけてしまうようです。

ベジタリアンになりたい??

「ベジタリアンは良い・悪い」と一概に言えるものではありません。

きちんと栄養バランスに気をつけて自分に合った食事をすることが大切です。

さらに、運動など食事以外の面でも健康を心がけることで、自分にも周りにも優しい生活ができるでしょう。

一方で、栄養を考えず「とりあえず肉は食べない」といったやり方は危険です。

体に合わないのに続けたりすると、逆に体調が悪くなることもあります。

また、人づきあいを絶ってしまいがちです。

お肉を食べたいのにガマンすることでストレスが溜まってしまっては、精神的に健康な生活とは言えません。

「ベジタリアンになればやせるの?」と思っている人も少なくないようです。

あぶらたっぷりのフライドチキンやハンバーグをやめて、野菜をたっぷり取り入れたバランスの良い食事に変えればやせる可能性は高いです。

しかし、単に動物性たんぱく質を抜くだけでは、逆効果となることも少なくありません。

ネットの反応

「--菜食主義者や肉をあまり食べない人は、健康上の懸念を口にすることが多い。だが、肉を控える利点は不確かであり、利点はあったとしても非常に小さい--これが真実だと思うけどね」

「人類ってのは元来肉食動物なんだよ。四の五の言う奴は鏡で自分の歯ァ見てみろ!俺たちの消化器官はヴェジタリアン・フードを扱うようには出来てねぇんだ。だから絶えずゲップばかり出るし、腸内フローラのバランスが崩れるのさ。人間にとって菜食主義というのは非現実的なんだよ。」

「私は菜食主義者です。もっとも、おいしそうな肉料理を見ると、すぐ戒律を破ってしまいますが」

「なんとなく流行っているからやってみよう」ではなく、菜食主義の優れた点をしっかり理解することが大切ですよ。

動物愛護の観点からベジタリアンになる人もいますね。それは健康とかなんだかんだという問題は度外視しているので、メリットデメリットは関係ないようですが…。

おすすめの記事