長時間の着座でも疲れにくくどこまでも走り続けたくなる!ツーリングが快適なカワサキ「VERSYS-X 250 TOURER」

Kawasaki『VERSYS-X 250 TOURER』70万4000円

スリムで軽快な車体は、アップライトで快適なライディングポジションを取ることが可能。

取り回しやすいワイドなハンドルバーは十分な切れ角を確保しており、極低速時の操作性を高めています。

長時間の着座でも疲れにくいゆったりとしたシートや、タンデムシートと高さを合わせることで積載性を高めたリヤキャリア。

ウインドプロテクション効果が高いアッパーカウルと大型ウインドシールドなど、旅力を徹底的に磨き上げているのです。

ツーリング向けにチューン

直列2気筒248ccエンジンはツーリング向けに吸排気系をチューニング。

低・中回転域ではリニアなレスポンスを、高回転域ではスムーズな吹け上がりを見せています。

グラウンドクリアランスを確保するためにショートサイレンサーをエンジンに沿わせてレイアウトしています。

ツーリングを身近により快適に

VERSYS-X 250 TOURERは高い汎用性を持つアドベンチャースタイルのツーリングモデル。

シリーズのコンセプトである「ANY ROAD ANY TIME」パフォーマンスに未舗装路での走破性を加え、刺激的な「走る悦び」を提供します。

エンジンはキャラクターに合わせたチューニングを施すことでスムーズなパワー特性と低回転域での粘り強さを獲得。

ロングストロークフロントサスペンションとリンク式のリヤサスペンションは、軽量な車体と組み合わせることで様々な路面状況で高い安定性を誇ります。

加えて、多様なシチュエーションに対応するトレッドパターンを持つマルチパーパスのチューブタイヤも装備。

幅広いライディングシーンをカバーし、優れたパフォーマンスを発揮します。

さらにパニアケースやエンジンガード等のアクセサリーも多数標準装備。 ツーリングをより快適に楽しむ事が出来る様になっています。

ネットの声

「250ccとしては確かにデカい!このバイクならツーリングも楽しそう」

「リアリンクサスに17リットルタンク。ニンジャフレームの亜種だが本格派なんですね。」

「VERSYS250って大きいんですね!まだバイク初心者ですが説明が分かりやすくて参考になります!まだ先の話ですが今乗ってる車種に満足したら次はVERSYS250等のアドベンチャーにしてみようと思います!」

NINJAといい、カワサキはここのところ気合いが入ってますね。日本国内はともかく世界的にバイク需要が伸びているのは良い傾向です。

本家本元の日本もがんばって購買力を高めたいところですが…最近のバイクは250ccといえども高いですね。

おすすめの記事