『バイキング』、ゲストがカツラを外しスタジオ静まり返る「雑に振っておいて回収しない」坂上忍に批判も

23日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に将棋の佐藤紳哉七段がゲスト出演。

唐突にカツラを脱ぐ“カツラ芸”を披露したものの、その後のスタジオの空気に視聴者からは同情の声が集まっています。

藤井聡太七段の特集

この日、番組では現在王位戦挑戦者決定戦に臨んでいる藤井聡太七段について特集。

そこに解説として出演したのが佐藤七段で、藤井七段の快進撃について棋士の立場から説明していたのです。

実は佐藤七段、自身が被っているカツラを唐突に外すカツラ芸をたびたび披露。

将棋ファンの間で人気を博している存在です。

17年5月2日放送の『バイキング』でもこのパフォーマンスを披露し、MCの坂上忍をあ然とさせていたのです。

坂上が前振りも

そのような中、この日は佐藤七段が説明している際、坂上が唐突に

「あれ? 最近ちょっと、なんかネタがねえ?」と佐藤七段のイジリを開始。

出演者のミッツ・マングローブや甲斐よしひろが不思議そうな顔をすると…。

坂上は「あれ? ミッツは知らない?」「甲斐さんは? 知らない?」などと言い、同じく芸を知っていた出演者のヒロミが「ご挨拶しておいた方がいいんじゃない?」と振ったのです。

佐藤七段は「じゃあいいですか?」と前置きしつつ、

「みなさん、びっくりしますよ。びっくりスポン!」と勢いよくカツラを外す芸を披露。

しかし、その瞬間スタジオは静まり返り、佐藤七段は戸惑ったような表情を浮かべていました。

沈黙の後、出演者の小さな苦笑いが響き、甲斐は「やっぱりそうか」とポツリ。

ミッツも「そういうことだったのね」と感心したようにつぶやいていたのです。

誰も回収しない

しかし、坂上とヒロミが雑に振ってスベってしまったにもかかわらず、

その後のフォローがほとんどないことから視聴者からは

  • 「これは佐藤七段可哀想すぎる」
  • 「雑に振っておいて回収しないってどういうこと…」
  • 「雑にイジって解説に来てくれた人怪我させるってひどいな」

と、佐藤七段に対する同情が集まっていました。

無責任な坂上とヒロミのイジリに引いてしまった視聴者も少なくなかったようです。

ネットの声

「これは本当に最低…こういうときは相の手を入れないとゲストが可哀想…全くの知らんぷり。MCとして最低」

「これほどまでの放置プレイは見たことない。こっちも不快というかゲストがかわいそうだった」

「振っておいて回収しないとかあるまじき行為。スタジオの反応もしらけた感じだったよね」

ゲストの佐藤7段が本当にかわいそうでした。

台本にもないようなことを突然振られて、言うとおりにしたのに放置されたのではたまったものではありません。

最近のバイキングの批判は多いので坂上忍の降板説とか放送終了もガセではないのかも…。

おすすめの記事