急拡大のVISAタッチ決裁はSuicaにとって変わることができる??

VisaはSuicaになれるか 急拡大「Visaのタッチ決済」鉄道バスにも そのメリット

キャッシュレス化推進の手段として注目される「Visaのタッチ決済」。

コロナ禍で導入や利用が急拡大するなか、一部の鉄道、バスでも使えるようになりました。

Suicaなどの交通系ICカードと比べ、何がどう違うのでしょうか。

コロナ禍で急拡大「Visaのタッチ決済」 交通機関にも初導入

ビザ・ワールドワイド・ジャパンが2020年12月17日(木)、日本における「Visaのタッチ決済」普及の最新状況に関する説明会をオンラインで開催しました。

Visaのクレジットカードやデビットカードを端末にかざすだけで決済できる「Visaのタッチ決済」は、コロナ禍の2020年、急速に導入や利用が拡大しているといいます。

発行カード枚数は2020年9月末で昨年同月比約2.3倍の3230万枚、

タッチ決済取引数は、2019年12月から2020年9月までのあいだで実に15倍、特にスーパーマーケットでは約30倍に増えたそうです。

すでに200を超える国や地域で普及し、とりわけロシア、オーストラリア、シンガポールなどは対面取引10回のうち9回が、このタッチ決済になっているとのこと。

オーストラリアではタッチ決済の普及により、ATMでの現金引き出し回数が、2019年までの5年間で35%も減少したといい、

ビザ・ワールドワイド・ジャパンの寺尾林人さんは、日本においても「タッチ決済を普及させることが、結果的にキャッシュレス化の推進につながる」と自信を見せます。

そして2020年は、日本の公共交通機関においても初めてVisaのタッチ決済が導入されました。

7月以降、みちのりホールディングス傘下の茨城交通、岩手県北バス、福島交通、会津バスの一部高速バスなどで導入されています。

11月には鉄道でも初めて、ウィラー・トレインズが運営する京都丹後鉄道が、これに対応しています。

なお、いずれもSuicaなどの全国共通利用が可能な交通系ICカードには非対応の路線です。

みちのりホールディングス傘下のバスでは、決まった額の運賃を車内で決済する仕組みですが、

京都丹後鉄道の場合は、乗車距離に応じて変動する距離制運賃の車内決済を可能にしています。

これは交通系ICカードの利便性に近いものといえるでしょう。

交通機関に求められる決済のスピード、どう実現?

ビザ・ワールドワイド・ジャパンの今田和成さんによると、交通事業者は「磁気券をキャッシュレス化したい」、

あるいは「少子高齢化でチケットカウンターの従業員不足」など、さまざま課題を抱えているといいます。

ただ、交通機関に対応する場合は決済のスピードが求められるものの、それゆえに導入や運用のコストが高くなります。

それが、地方の公共交通機関でキャッシュレス化が進まない原因のひとつになっているとのこと。

加えて、「交通系ICカードは都市圏からの出張者や旅行者にとって便利でも、地域に住む人の利用が中心の民間事業者にとっては、採用のメリットが小さい」といった声があるそうです。

そこで、公共交通向けにVisaのタッチ決済を導入する際には、主にスピード面の課題を解決するため、特別なルールを設定しているといいます。

一般加盟店の場合、カードをかざした際の処理は0.5秒以内で済むものの、

その情報に対し金融機関からのオーソリゼーション(承認)を得るのに数秒かかったのち、決済が完了する流れです。

京都丹後鉄道のように距離制運賃へ対応する場合は、バックエンドシステムを経由し、オーソリゼーションは後回し、

つまり下車後に清算を行うことで、早さを優先した対応にしているそうです。

この「後から清算」の仕組みにより、運賃割引などを組み込むことも可能とのことです。

それでいて、乗車時あるいは乗車中もカードの信用チェックが行われるなど、カード差し込み式の決済方式と同等のセキュリティが確保されているのだそうです。

また、「カード」だけでなく、スマートフォンやウェアラブル端末を利用した決済にも導入できるといいます。

世界中どこでも、移動や買い物も1枚のカードで

すでにVisaのタッチ決済は世界280以上の交通機関で導入されており、外国人が、普段使うカードをそのまま日本の交通機関で利用できる点もメリットだといいます。

駅周辺の商業施設での買い物も1枚のカードで済ませることで、相互の送客や囲い込みが可能になるほか、

カードの「国番号」データから利用動向を容易に把握でき、マーケティングにも活かせるといいます。

たとえばロンドンのバスや地下鉄では、2012(平成24)年のオリンピック・パラリンピックを契機にVisaのタッチ決済を導入。

いまや120か国以上のカードがそのまま利用されているといいます。

なお、紙チケット1枚あたりの発行マージンと、タッチ決済のそれとを比較すると、前者が2.6ポンド、後者が1.5ポンドであり、大きくコスト削減にも貢献するそうです。

こうした特徴から、Visaのタッチ決済は「ICカードの導入に躊躇する交通事業者の皆様からの高い関心をいただいています」と今田さんは話します。

これを普及させ、世界中どこでも、移動や買い物、食事を含めて1枚のカードで済ませられるようにしたいといいます。

現時点では交通系ICカードが浸透しきっていない地域を補う目的を考えているものの、

決済手段の選択肢を増やす観点で、既存の交通系ICカードに対応する自動改札機への導入も視野に入れています。

最初は改札の1レーンから対応可能にし、利用者増に応じてレーンを増やしていくことなどが考えられるそうです。

ちなみに今後、福岡市交通局でVisaのタッチ決済導入の実証実験が行われる予定だといいます。

ネットの声

「異様に早い認証はそういう仕組みだったのか。しかし未だに接触端子方式のカードリーダーしか持たない店だとさし込んでレジで操作して 通信して 認証取って  とか15秒くらいかかるところも少なくない。なんとかpayのリーダーに非接触(端子がない)マークがあってもソフトウェア的に使えないところも多数。suicaの利点は携帯電話というものの中に機能があること。多くの人はポケットの中に携帯電話を入れているし場合によってはネックストラップ付きで紛失しにくいがペラペラのプラスチックカードではたとえホルダーに入れても紛失が怖い。携帯なら遠隔で無効にできるし頻繁に、落としていないか確認できる(メールとか見ているから)。」

「NY市の地下鉄も同じようなクレジットカードでのタッチ決済になってますね。世界中の流れです。"NFC typeA/B"を使うクレカのタッチ決済と、FelicaのtypeFを使うSuicaなどの日本の電子マネー系は、競争相手でしょうね。コンビニのレジのように、どっちのカードも読める端末が普通なのですが、こればかりは"縄張り争い"でしょうね。」

「現実は、Suicaの代わりというよりQRコード決済の代わり。異常な相互乗り入れなど、日本の事情をこなせるのは、現交通系電子マネーだけだろうし、なにより当分はJR東が許さないだろう。」

Suicaで交通機関はほぼ網羅しているのでVISAタッチ決裁はどうなんだろ…と思いがちですが、セキュリティなどはクレジットカードのほうがいいみたいですね。

 

おすすめの記事