女性なら誰でも知っているのが美白にビタミンCがとても効果があるということです。それではまずはビタミンCからおさらいしてみましょう。

ビタミンCの効能

実はビタミンCは体に必要な栄養素であるにもかかわらず。人間の体の中で生成することができません。
これは他の動物のほとんどがビタミンCを体内で生成することができるのと比べるとかなり異質なことだと言わざるを得ません。

まるで進化の過程の中でどこかに置き忘れてきたかのようなのです。そのため人間は野菜からビタミンCを摂取するしかなく、野菜の摂取不足が健康被害に直結しているとも言われています。

現在、ビタミンCはサプリでも野菜でも簡単に摂取することができます。基本は野菜で摂取できると考えていいでしょう。

ビタミンCの代表的な働き

ビタミンCの働きで一番大きなものは酸化を防ぐということです。


体の老化と直結している酸化はタバコや紫外線さらにはストレスなどで発生する活性酸素がその正体です。

ビタミンCは自分自身が酸化されることで人体を酸化から守ってくれるのです。

この働きこそがアンチエイジングにもつながりますし、他にもコラーゲンの生成やガンの予防など様々な働きがあるのです。

コラーゲンが美白を作る

コラーゲンはタンパク質の一種であり、関節痛に効果有りと昔から重宝されてきましたが、体内のタンパク質の30%がこのコラーゲンです。

多くは関節の周りに存在し体の動きをサポートしてくれています。さらに美肌にも良いとされているのですが摂取しすぎると体の中のバランスを崩してしまうので、適度な摂取が望まれます。

体の機能が正常であれば、わざわざコラーゲンが配合されたサプリを摂取しなくてもいいということですね。

ビタミンCを摂取する

他の動物では体内で生成できるビタミンCですが人間ではそれを体外から求めないといけません。

今では多くのビタミンCサプリが発売されていますし、のど飴からも摂取できてしまいますし、野菜などにもビタミンCは豊富に含まれています。

基本的に野菜ならどれでもいいのですが、中でもピーマンやブロッコリーなどには多く含まれていますし、今では夏の暑い時期の定番にもなったゴーヤなどもビタミンCが豊富です。

ビタミンCが不足すると…

極点に野菜を摂らないとか偏った食事をするとまれにビタミンCが不足してしまいますが、それがすぐに体内のどこかに影響するということはありません。


強いていえば壊血病などの症状が出ることがあります。これも症状としては歯茎から血が出るなどちょっとしたことで出血が起こりやすくなるので医師に相談しましょう。

ビタミンCを摂りすぎると…

基本的に蓄積できるものではありませんので摂りすぎても体外に排出されるだけです。

ですから日々バランス良く野菜を摂取することが大切になります。

また過剰摂取で、吐き気や下痢、腹痛などの症状が報告されていますが、ビタミンCの摂りすぎということも放っておけば治るレベルだといえます。

必要なビタミンC摂取量

これは男性も女性も一日100mgとされています。

妊婦は110mgと多少多めになっています。もっとも男女とも一日の平均摂取量は70mgと平均よりかなり低めです。

これは食事量に男女差があるにもかかわらず同量となっているのは男性自身がもともと野菜を摂る食生活になっていないこと、女性は小食からビタミンCの摂取が絶対量として足りないことが指摘されています。

これは年々減少傾向にあるとされていて、飽食の時代と言われて久しいのですが、やはり食に関してはもっと抜本的に考えていかなくてはいけない時期に来ているといえるでしょう。

ビタミンC摂取術

アンチエイジングや美白に効果があるのに男性はともかく、女性もビタミンCの摂取量の不足はやはり問題と言わざるをえません。

基本的に普通の食事で摂取しやすいので、長らく「ビタミンCは食生活で不足することはない」とされてきました。

しかし、女性に限ってはヘルシーすぎる食事が逆にビタミンCの不足をもたらしているのでその啓発活動もしていかなくてはいけないでしょう。また、せっかくのビタミンCも女性による喫煙者の増加などで相殺されてしまします。

またストレスなどもビタミンCの消費を増やす要因となっていますので、それらをよく認知しておく必要がありますし、ビタミンCが自分でも足りていないと考えるのでしたら、必要に応じてサプリメンとの服用を考えたほうがいいでしょう。

もともとビタミンCは体内では生成されないものなので、野菜であろうがサプリであろうが摂取しなくてはいけないものですから、どちらか都合のいいほうにします。

もっとも、ビタミンCを摂取するという目的が明確なサプリのほうがより効果的に摂取できるといえるでしょう。

必要以上に摂取したとしてもビタミンCは水溶性なので多すぎると尿などで体外に排出されますから、摂りすぎよりも不足のほうを心配するべきなのです。

ネットの声

「風邪のひきかけだと多めにビタミンCを摂取したら本当にすぐ元気になるからね。美白にもいいのは実証済み」

「若さの決め手は赤血球の質!改善するには、特にヘム鉄をビタミンCや肉魚など蛋白質と同時摂取が効果的」

「ビタミンCは万能で、たんぱく質と結合してコラーゲンを作り細胞と細胞をくっつけています、なので肌がピチピチモッチリ、殺菌力 もあり、免疫力を高める」

ビタミンCは取りすぎるくらい取ったほうがいいですね。

おすすめの記事