WAONとnanacoがApplePayに年内対応…iPhoneやApple Watchで使えるようになるよ

WAONとnanaco、Apple Payに年内対応。iPhoneやApple Watchで利用可能に

電子マネー「WAON」と「nanaco」が、2021年内にApple Payで利用できるようになります。

WAONを展開するイオンと、nanacoを展開するセブン&アイ・ホールディングスが発表しました。

WAONとnanacoで買い物はほぼ網羅

WAONは累計発行枚数8,766万枚。

イオンや関連店舗など、現在使用できる約84万カ所以上で、そのままiPhoneやApple Watchで使用可能にします。

一方のnanacoは、7,400万人の会員を有します。

セブンイレブン、イトーヨーカドーなどのグループ各店、約80万店で使用できるが、これらの店舗で、年内にiPhoneやApple Watchでも利用できるようにするそう。

両社ともに、サービスの内容や開始などについては、詳細が決定し次第告知する、としています。

ネットの声

「朗報。ついでにという訳では無いが、Tポイントのように、予めアプリでセットしたクーポンが自動で適用されるようにならないかなぁ。レジでクーポン画面を見せるのは、客にとっても店員にとっても手間だよね。」

「いいね!ますます財布を持たなくなる。この勢いで免許証、保険証、マイナンバー、にも対応して欲しい。」

「長かった。ずっと待っていた。が、三井住友NLのコンビニ5%ポイント還元がある限り、nanacoでどれだけ優遇(還元)できるかで使うかどうかを判断することになるかな。NLが現状すごすぎなので、みんな作ったほうがいいよ。」



おすすめの記事