(笑)「w」って多用するのってどんな心理??

LINEに「笑」や「w」を多用する男性にありがちな心理3選

男性とのLINEで、面白くもなんともない話題の末尾に「笑」や「(笑)」「w」といった、「笑う」を意味する言葉が多用されていると、その真意が気になってしまいがちではありませんか?

誰もが「面白い!」と思う話題ならばともかくとして、返事に困るような“俺通信”にさえこういった文字が入ってくると、なんとも微妙な気持ちにもさせられますよね。

メンタル心理カウンセラーの並木まきが、LINEに「笑」を多用する男性に潜む心理を解説します。

自分に自信がない

どうでもいい話題にも「笑」を多用する男性の多くには、LINEを送っている相手に「嫌われたくない」という心理も潜みがち。

つまり、自分に自信がない男性ほど「LINEの文面のせいで、冷たい男性だと思われたくない」「とにかく嫌われたくない!」などの本音が、LINEの文末にあらわれるのです。

「お疲れ様です。笑」「おやすみなさい!w」などと、ちょっとした挨拶にすら「笑」を入れてくる男性もいます。

交際前のLINEに、やたらこういった文末が多い場合には、どんなに自信家に見える男性でも、付き合ってみたら意外と小心者だった……というパターンも珍しくありません。

相性のいい相手だと思っている

LINEのやりとりは、頻度が上がるにつれて、会話のテンポや文章のセンスなどで相手との相性が見えてくるもの。

ノリノリでLINEしているときには、自然と文字を打ちながら笑顔になっている男性も多く、そんな楽しい気持ちが「笑」や「w」の文字に込められていることも少なくありません。

「なんだか楽しい」「居心地がいい」と感じている相手とのLINEでは、自然とそんな気持ちも溢れ出てしまい、ついついさほど楽しくない普通の文面にも「笑」を付けてしまう場合が多いようです。

「今日も仕事、疲れた。笑」「ご飯食べた?w」など、むしろ「笑」を入れることで意味深に読めなくもない文にまで加えてしまうのは、ご愛嬌と思ってあげましょう。

やましいことがある

対面での会話において、何か隠しておきたい「やましいこと」があるときにヘラヘラしてしまう男性ほど、LINEでもそんな癖が露呈することも珍しくありません。

相手に、自分の真意を探られるのを避けようとした心理が、うっかり「笑」や「w」という文末にあらわれてしまうというわけですね。

「今日は何してるの?笑」「来週、ごはんでもどう?w」など、わざわざ「笑」や「w」を入れなくてもいいような文面にも入れてしまうのは、その裏に、相手に悟られたくない都合の悪い真実が見え隠れしている可能性も。

ありがちなのは二股男性がセカンド候補の女性を食事に誘うときにはやたら「笑」が入りがちだったり、隠れ既婚男性が妻にバレないように独身女性をデートに誘うときに「w」が入りがちだったりするパターンです。

冷静に読み返せば、むしろ「笑」などを入れないほうが自然な文章になるのですが、やましい真実をひた隠しにしたい男性は、そんな簡単なことに気づく余裕さえなく、「笑」や「w」を文末に入れることによってソワソワした心理を隠そうとしてしまうのでしょう。

多用しないほうがいい

「笑」や「w」がたくさん入っているLINEは、ポップで楽しげなムードを醸しやすいのも確かです。

しかしあまりにも多用してくるのが気になる場合には、やはりそこになんらかの心理が見え隠れしている可能性を疑いたくなりますよね。

気になっている男性がこういったタイプだった場合には、自分に見せている顔とは異なる深層心理が潜んでいるリスクを考慮したほうが無難かも…!?



おすすめの記事