GoToトラベル…割引上限が引き下げられた??

1万4000円割引のはずが、3500円に? GoToトラベル割引上限額引き下げ相次ぐ

政府の観光支援策「Go Toトラベル」を巡り、大手宿泊予約サイトで割引上限額を引き下げる動きが相次いでいます。

10月から東京が割引対象となったことから利用者が急増し、国から各社に配分された予算が少なくなってきたことが原因のようです。

大手旅行サイトが

1人1泊当たりの割引上限額を引き下げたのは、じゃらん・一休・com・ヤフートラベル。

従来は最大「1万4000円」の割引だったのですが、10月10日以降に予約した旅行からは最大「3500円」まで引き下げました。

9日に各社のホームページで一斉に公表されています。

前年実績から予算配分

GoToトラベルの予算について、国は各社の前年度の販売実績などに基づいて配分しています。

ヤフートラベルの広報担当者は

「割り当てられた予算を鑑みたとき、割引上限額を引き下げた方がより多くの人に利用してもらえると判断した。予算は枯渇しているわけではないが、そういう可能性も出てきた」

と説明しています。

一方、GoToトラベルの事務局は「1万4000円は最大の割引額なので、引き下げることに問題はない」との見解です。

追加予算があれば…

GoToトラベル全体の予算額は約1・3兆円。

観光庁によると、事業を開始した7月22日から9月15日までに割引支援額にあてたのは約735億円(速報値)にとどまっています。

ある宿泊予約サイトの関係者は「一旦、割引額を引き下げないとまずい状況になってきたということだ。(追加の予算があれば)すぐに上限額が元に戻る可能性もある」と明かしていました。

ネットの声

「14000円のはずが3500円だって?これじゃ詐欺だよ。楽天トラベルなんて1回限りとか。早い者勝ちじゃないか。ネット系の主な旅行代理店が軒並みこれじゃ、せっかくのキャンペーンなのに意味ないよ。実店舗の旅行代理店はまだ変更していないらしいから、そっちに行こう。Go to eatもそうだけど、制度設計があまりに稚拙。」

「そもそも国の予算があって、それを各社に配分しているのです。その予算に限りが出てきて少しでも多くの人に使ってもらうために減額したのでしょう。しかし、制度を減額して提供していいのでしょうか?」

「久しぶりに、仕事で飛行機、ホテル利用しましたが、びっくりしました。元気なシニア層の方がほとんど。
そうか、平日に旅行できる層となると、シニア世代ですもんね。若い世代は週末近隣で一泊できれば良い方でしょう。
シニア層が観光地でしっかりお金落としてくれればいいですが。電子クーポンもらったけど、使い方もわからず使えなかったといった話も聞こえてきましたが。シニア層は、紙クーポンもらえるような窓口で手続きした方が良いのでしょうね。
しかし、偏った制度ですね。」

JTBに忖度しすぎって声もありますね。

利用者もJTB関連で旅行するようにするしかないようです。

おすすめの記事