“トイレ不倫”渡部建を待つ借金地獄...。

女性とスポンサー完全NGで違約金は軽く1億円超えとも。

「渡部、アウトだね」

今、テレビマンが顔を合わせれば誰もが発するフレーズです。

複数女性との不倫を「文春砲」で報じられた佐々木希(32)の夫でアンジャッシュの渡部建(47)。

テレビ界から“レッドカード”を突き付けられています。

もはやどうあがいても渡部が復帰する道筋は見当たらないというのです。

手口がひどすぎる…

「復帰は120%あり得ません。一発退場です。渡部サイドは半年から1年後の復帰を画策しているがそれはあまりにムシのいい話。引き取り手がありませんよ」

と、証言するのは渡部とプライベートでも交流を持つキー局のプロデューサー。

「一番は女性を性処理のはけ口として扱ったこと。それも1人ではなく複数人と。開いた口が塞がらない。しかも、公衆トイレに呼び出して5分以内で自分の欲望を遂げるというとんでもない扱いです。ナイナイの岡村隆史がラジオで発した女性蔑視発言はまだ妄想だったが、渡部は実際に女性をモノとして扱った。女性は完全にNGです。当然、スポンサーもNG。彼と関わるだけマイナスという判断です」

と一刀両断しています。

セックス依存症で逃げる??

杏の夫で若手女優と3年間にも及び不倫交際を続けていた東出昌大(32)。

こちらの方が1000倍もマシというのがテレビ界の評価だというのです。

「もちろん不倫は倫理的にダメだが、それを承知で語るなら東出にはまだ愛があった。だが渡部は違う。己の性処理だけのために女性と付き合うというクズです。だから、渡部に対し同調や援護をするなら同じ考えだとみなされてしまう。テレビマンはクモの子を散らすように離れました」(前出のキー局プロデューサー)

気になる渡部の近況ですが、

「芸能活動の自粛を発表したいま、事務所は強制入院させることも検討しているといわれています。ハリウッドの俳優のように、セックス依存症という診断がつけば病気扱いになり、世間のバッシングも多少は弱まりますからね」(芸能プロ関係者)。

六本木ヒルズのイメージダウン必至

いずれにせよ、今後の渡部を待ち受けているのは借金地獄だというのです。

「『王様のブランチ』(TBS系)などテレビ9本、ラジオ1本のレギュラー番組を持っているが、すべて降板が決まった。ロッテのCMも放映中止。さらに渡部はグルメを気取り多くの飲食店のコンサルタントを請け負っていた。もろもろの違約金などを合わせると軽く1億円を超えるはず」(芸能プロ関係者)

さらに今回、渡部は不倫密会現場として六本木ヒルズの多目的トイレを利用していました。

そのため、六本木ヒルズのオーナーである森ビルからも損害賠償を求められる可能性まであるというのです。

「現在、渡部が使用していたトイレは人気プレースとなり面白半分で一般人が押し寄せ、業務に支障が出ている。さらに“不倫スポット”という汚名を着せられた六本木ヒルズのイメージダウンは必至ですよ」(テレビ局関係者)

ネットの声

「妻からすれば、東出の方が1000倍マシとかはないだろうが、片や下手に頭がよくて、ズル賢いのと、片や大人になり切れてない、夢見る夢子みたいな男の違いだけだと思う。」

「人生は突然急降下する。渡部氏を教訓に我々も人様に咎められることないよう真っ当に生きないとね。」

「どっちにしても一番辛いのは佐々木希さん。離婚してもしなくても、金銭的な問題は出てくるし、いくら美人でも演技力に定評があるわけでもないからこの先の経済的な苦労があるんじゃないかな。一般の母子家庭よりは全然収入あるだろうけど、離婚しないなら違約金を一緒に背負うだろうし。」

同情の余地ゼロ。自業自得ですね。

おすすめの記事