ガセじゃないの?渡部が豊洲でウニ運んでるって情報があるよ

アンジャッシュ渡部、豊洲市場で働いてる!?「ウニを運んでいた」!!

2020年6月、複数の女性との“多目的トイレ不倫”が報じられ、現在に至るまで芸能活動に復帰できていない、お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建。

2月12日発売の『FRIDAY』(講談社)では、都内の書店でビジネス書『デール・カーネギー流 1分で惹きつけるプレゼンの技法』(ぱる出版)を座りながら試し読みしている渡部の姿が報じられていました。

豊洲市場で働いている?

仕事にも復帰することができず、家にも居場所がなさそうな渡部ですが、なんと現在、「東京・豊洲市場で働いている」という情報が入ってきました。

帽子を目深にかぶってウニを運ぶ渡部

豊洲関係者が話します。

「すでにツイッターにも目撃情報が出ているのですが、2月19日から、豊洲市場の魚介卸売業者『Y』で働くことになったようです。渡部さんは帽子を目深にかぶって、ウニの箱を運んでいたそうです。グルメで知られるだけに、知り合いからのツテを頼って働くようになったんでしょうか。
彼は芸能界イチの食通と言われていましたから、世界一の魚市場で働くというのも、何かつながっている気がしますね」

問い合わせてみると

渡部が働いているという魚介卸売業者「Y」に事の真相を問い合わせると、電話はつながったものの、「担当者がもう帰ってしまったため、その件についてはわかりません」との回答でした。

ネットの声

「アンジュの渡部が豊洲で働いているらしい? 豊洲の人達はトイレは大丈夫かと言っているらしい?」

「なんだかんだツテで仕事貰えるのは流石やね。復帰してもいいと思うんだがなあ。」

「もうさ、そっとしておこうよ。」

トイレからは一生逃げられないようです。



おすすめの記事