渡部会見の本当のところを土田が喋ってくれたよ

土田晃之 アンジャ渡部に理解 「ガキ使」での“復帰”に「僕でも出る」

土田晃之は12月4日、フジテレビ「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)に出演。

不倫騒動で無期限活動自粛中のの渡部建が謝罪会見を開いたタイミングについて「しょうがない」と理解を示しました。

出演すっぱ抜きに否定せず

渡部を巡っては先月20日、大みそかの日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけない」シリーズで電撃復帰することをスポニチ本紙が報じました。

同18日に極秘で収録に参加していたことも本紙報道で判明。復帰情報が先立ち、渡部への批判が過熱したのです。

渡部は会見で、報道については放送前の番組ということから「僕の口から申し上げられない」「申し訳ありません」と繰り返し、否定はしませんでした。

僕でも出る(土田)

土田は同番組への出演に「お世話になっている先輩で、迷惑かけたんで、僕でも出ると思う、同じ状況だとしても」と渡部に理解。

「だって、1年後では旬じゃなくなってるから、ネタが」と理由を述べつつ

「誰が出るかわからないのがワクワクドキドキなので、すっぱ抜かれちゃったので(このタイミングでの)会見はしょうがない」

とはいえ「(放送前には)会見は開けない。自分で出ますよ!って公表もできない」としました。

アンガ田中も

アンガ田中卓志は

「復活のタイミングで、謝罪会見をしようと思っていたかもしれないですけど、(ガキ使という)番組の性質上、完全にポンと出たほうが衝撃が強い。それで出た分、いつ会見するべきかって言う時に、黙って出るのと、整合性付かずに出たほうがいいって、天秤にかかった時に、こっちを取ったってことだと思う」

と話していました。

ネットの声

「ワタベが悪いことをしたのが発端なので批判されるのはまず当然なんだけど、出演させようとした人間と、漏らしてはいけない情報をよりによって収録前に漏らす人間のいる日本テレビという会社をもっと叩くべきなのでは????」

「もうすぐにでも復帰すればいいのに。白黒アンジャッシュの収録におぎやはぎや有吉あたりにオファーして出てもらって、ボロボロに言われたら面白くなると思うけどなぁ。今すぐやれば面白いけど時間を置いたら面白くないよ、せっかくのチャンスなのに。
そもそも嫌悪感があって見たくない、、、っていう人たちのことを気にする必要あるのかね?見たくない人は見ないで何の問題もないし、そんなことを気にする芸人は面白くないと思うが。私は今こそ芸人仲間からボロボロにされる渡部を見たいよ。」

「田中が言ったことが本質だと思う。
そもそも会見もせずに渡部は逃げ切れると思ってたんだろうけど、(会見でも言ってたし)何も言わずに出るのがあの番組では必須になってくる。会見をするなら、騒動直後がよかったんだろうが、世間の声でどうしようもなくて会見するしかなかったという話。」

ガキの使いの出演をすっぱ抜かれたので会見した…というのが本当のところでしょうね。

おすすめの記事