渡部の会見に宮迫が激怒…「何を求めてんの?」

宮迫博之が、12月4日配信のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』(登録者数122万人)で、アンジャッシュ渡部建の謝罪会見について言及しました。

渡部の謝罪会見を見て

これまでも同チャンネルの中で、何度も渡部の名前を挙げていたという宮迫。

彼の謝罪会見について「何も言わないのも違うかなと思ったので」と、別の動画の収録後に緊急撮影しました。

昨年7月、闇営業騒動で会見を開いている宮迫。

「(会見を自分でも)経験させていただいて、今回の記者会見に点数をつけるのはおかしいんですが、点数をつけられない記者会見だった」

と言及したのです。

さらに宮迫は「渡部がどうこうではなくて」と前置きした上で、会見に同席していた芸能リポーターたちに向けて、

「すみません記者の方々…急きょとはいえ、あまりにも質問案がしょうもなさすぎた。ひどすぎ」と苦言。

「『行為をしたときの気持ちは?』……なんやその質問!?」と声を荒げ、

「何を求めてんの?『気持ちよかったです』っていう失言を求めてるの?」と怒りをあらわにしました。

今後多目的トイレをどう使う?

さらに「『今後、多目的トイレをどう使う?』……トイレや!多目的であろうがトイレや!切羽詰まったら使うやろ!」と斬り捨てたのです。

一方で、「多目的トイレというイメージが渡部によって汚されたのは事実。

そこは誠心誠意、謝罪すればいい」と述べながら、

「『自身の性癖に対する思いは?』……やかましいわアホ!人それぞれや、そんなもん!」

と、怒りがおさまらない様子。

努力とか才能をナシにするのは

この後も宮迫は、ワイドショーのコメンテーターに対しても、

「中にはすごくコキ下ろしている人がいるが、どんな努力をして騒動前の位置まで上り詰めたか知ってる? 知っている人だけ言ってくれ」と懇願。

「やったことはあかん。でもそれで、努力とか才能とかをナシにするのは絶対アカンと思う」と主張していました。

なおこの動画は12月5日午後8時現在、YouTube急上昇動画ランキングの2位にランクイン。

再生回数は114万回を超えている。

ネットの声

「一緒に仕事した人間の言葉って重いな。これ聞くだけで、だいぶ渡部さんの印象変わるわ。」

「記者の匿名性が結局はSNSの誹謗中傷と変わらない。ワイドショーならびにマスコミは対等で質問して欲しい。宮迫さんはえらい。マジで」

「マスコミさん達 マッチにも同じ様な事、聞けるんやろかね?」

ホントにあのテンションでマッチにも追究してほしいですね。

おすすめの記事