佐々木希 今も渡部と同居継続...それでも離婚を選択しない理由

複数の女性との不倫が11日発売の「週刊文春」で報じられ、芸能活動を自粛中の「アンジャッシュ」渡部建(47)が6月25日発売の同誌のインタビューに応じました。

不倫疑惑に加え、妻で女優の佐々木希(32)、相方・児嶋一哉(47)への思いなどを明かしたのです。

評判のおしどり夫婦

「以前は公園にお子さんをベビーカーに乗せて、遊びにくる渡部さんと佐々木さんの姿をよく見かけました。渡部さんがブランコに乗った佐々木さんを後ろから楽しそうに押していたことも。それが騒動以降、ぱたりと見かけなくなりました」(近隣の主婦)

近所でも評判のおしどり夫婦だったアンジャッシュ・渡部建(47)と佐々木希(32)夫妻。

しかし6月11日発売の『週刊文春』で渡部が複数の女性と不倫していたことが発覚。

六本木ヒルズの多目的トイレに女性を呼びつけ、行為に及んだのちに金銭を渡すという醜態まで明かされ、非難が殺到しています。

「8本のレギュラーを抱えていた渡部さんですが、報道直前に各番組へ出演自粛を申し入れました。好感度をウリにしていただけに、いずれの番組も降板は避けられないでしょう」(広告代理店関係者)

報道翌日の12日、妻の佐々木は自身のインスタグラムで謝罪。

《この度は、主人の無自覚な行動により多くの方々を不快な気持ちにさせてしまい、大変申し訳ございません。今回の件について、夫婦でしっかりと話し合いをしようと思います》

冷静なコメントを出した佐々木だが、心では泣いていたのです。

関係修復に前向き

「佐々木さんは、渡部さんが週刊誌の直撃を受けた直後にすべての説明を受けました。最初はショックと怒りで渡部さんを問い詰めましたが、子どもを第一に考えて、家では気丈にふるまっているそうです」(テレビ局関係者)

しかし、“おこもり”協議中の佐々木は意外にも関係修復に前向きだというのです。

佐々木をよく知るファッション関係者は言っています。

「希ちゃんは今も渡部さんと同じマンションにいるそうです。自宅から出ずに、買いものや犬の散歩は親しい知人が手伝っているといいます。ワイドショーでは連日、今回の件が報道されているので、動画配信サービスで映画やドラマを見ていると聞いています。夫婦の今後についても話し合いを進めているそうですが、現時点で希ちゃんには離婚する意思はないみたいです」

夫の悪質な裏切りを受けても、離婚を選択しない佐々木。

そこには彼女の“憧れ”が影響しているようです。

「交際当初から希ちゃんは渡部さんにベタぼれで、その関係は今も変わっていません。仕事関係の集まりに渡部さんを連れてくることもあり、みんなの前でも彼のことを“わっくん”と呼んで本当に仲よしなんです。
また2人のお兄さんに囲まれて育ったこともあって、にぎやかな家庭に憧れています。最近も子供を抱きながら『この子にきょうだいができたらいいな』と話していたそうです。“夢に描いた家庭をまだあきらめたくない”という思いで立て直そうとしているのでしょう」(前出・ファッション関係者)

渡部の“裏の顔”も影を落としていた

「渡部さんは家庭では亭主関白で、有機野菜などを使ったヘルシーな手料理を佐々木さんにオーダー。恋愛学にも精通し、記念日をきちんと祝ったり、定期的にプレゼントを贈ったりして、佐々木さんのツボを押さえることで、彼女の心を支配してきました」(テレビ局関係者)

夫婦問題研究家で離婚カウンセラーの岡野あつこさんは、佐々木が離婚しない理由についてこう推測します。

「佐々木さんは、ご主人がいなくてもお仕事はありますし、経済的な理由で別れないということではないでしょう。不倫されても、離婚しない女性の中には、責任感が強いが故に『私にも責任が……』と考える方がいます。
また不倫以外は家庭で問題がなかったということもあるでしょう。日常生活の中で家族として子育てに向き合っていたり、夫としての務めを果たしていた場合は、離婚しないというケースもよく見受けられます」

ネットの声

「離婚するしないは好きにすればいいが夫が多目的トイレというイメージは一生消えない。タレントとして終わったと思う。」

「少なくとも渡部さんは表舞台から引退とかしないと、お子さんの今後に大きく影響する出来事だとは思う。
意外とみんな忘れないから、、。」

「離婚するしないは自由だからとやかく言うつもりはないけど、もし自分のパートナーが多目的トイレで何人もの人と関係持ってたら一緒にはいられないなって思うな。」

渡部は異常にかしこいところがあるので、佐々木希は洗脳されているのでは?と勘ぐりたくもなりますね。

それと、佐々木希にいくらでも仕事があるわけではないでしょう。

女優でも演技ができないのは有名ですし、モデル業もいまさら感があります。

渡部についていくしかこれまでのハイソな生活はできないでしょう。

おすすめの記事