ウイスキー初心者ならまずは「スコッチ」と「バーボン」の違いを理解したい

ウイスキー初心者必見!「スコッチとバーボンの違い」をわかりやすく解説

ウイスキー初心者が抱く疑問のひとつに、「スコッチとバーボンの違い」があります。

どちらもウイスキーですが、はたしてこの2つにはどんな違いがあるのでしょうか。

今回はスコッチとバーボンの違いについて、詳しく見ていきましょう。

そもそもウイスキーってどんなお酒?

スコッチとバーボンの違いを知る前に、改めてウイスキーの概要を確認しましょう。

ウイスキーとは、穀物を原料として、糖化、発酵、蒸溜を行い、木製の樽で貯蔵熟成させたお酒のことです。

カテゴリーとしては焼酎や泡盛、ブランデーなどと同じ「蒸溜酒」に分類されます。

ウイスキーのおもな産地は、アイルランド、スコットランド、日本、アメリカ、カナダの5か国で、「世界の5大ウイスキー」と呼ばれています。

原料や製法、熟成年数などは、国によって異なる定義が定められています。

それでは、スコッチとバーボンについて見ていきましょう。

スコッチとは? 特徴と定義を確認

スコッチとは、スコットランドで造られるウイスキーのこと。

スコットランドには、「6大産地」と呼ばれるウイスキー造りの盛んな地域があり、それぞれで個性豊かなウイスキーが生産されています。

共通する大きな特徴は、スコッチにはスモーキーフレーバーのある銘柄が多いこと。

スコッチの製造工程には、「ピート」と呼ばれる泥炭で原料を燻す工程があるため、ウイスキーに独特の香りがついているのです。

なお、スコッチは、イギリスの法律によって以下のような条件が規定されています。

◇スコットランド国内で製造
◇穀類を原料として、酵母によって発酵させる
◇アルコール分94.8%未満で蒸溜
◇容量700リットル以下のオーク樽で最低3年以上熟成させる
◇瓶詰めするアルコール度数は40度以上

バーボンとは? 特徴と定義を確認

バーボンとは、かんたんにいえばとうもろこしを主原料としたアメリカ産のウイスキーです。

バーボンという名称は、アメリカのケンタッキー州バーボン郡で生まれたことに由来しているといわれています。

バーボンは、アメリカの法律によって以下のような条件が定められています。

◇アメリカ国内で製造
◇原料となる穀物のうち、とうもろこしの比率が51%以上
◇アルコール度数は、蒸溜時で80%以下、瓶詰め時で40%以上
◇内側を焦がした新品のオーク樽で2年以上熟成させる

なお、バーボンはアメリカンウイスキーの代名詞とも呼べる存在ですが、「バーボン=アメリカンウイスキー」ではないため注意が必要です。

アメリカではバーボン以外にも、さまざまなウイスキーが造られています。

同じウイスキーでもスコッチとバーボンの原料・製法は異なる

以下にスコッチとバーボンの違いをより詳しくご紹介します。

「原料」の条件

スコッチの主原料は大麦麦芽(モルト)です。

スコッチには、大きく分けて、大麦麦芽だけで造られる「モルトウイスキー」と、とうもろこしなどの穀物を主原料とする「グレーンウイスキー」の2種類があります。

グレーンウイスキーにも一定の割合で大麦麦芽を使用することが義務づけられています。

これに対して、バーボンの主原料はとうもろこしです。

原料のうちの51%以上をとうもろこしが占めることと定められています。

「製法」

スコッチのモルトウイスキーは、通常「単式蒸溜機」を使用して2~3回蒸溜を繰り返すことで造られます。

単式蒸溜機は、1回ずつ蒸溜するタイプの蒸溜機で、原料の風味が強く残りやすいのが特徴です。

一方、おもにブレンドに用いられるグレーンウイスキーの製造には、「連続式蒸溜機」が使われます。

連続式蒸溜機は、連続的に蒸溜できる効率のよい蒸溜機で、単式蒸溜機よりもアルコール度数が高く、すっきりクリアな味わいに仕上がるのが特徴です。

蒸溜時のグレーンウイスキーのアルコール度数は90度以上。

ただし、イギリスの法律により、アルコール分94.8%以下で蒸溜することと定められています。

バーボンも、スコッチのグレーンウイスキーと同様に、連続式蒸溜機が使用されています。

ただし、アメリカの法律に従って、アルコール度数が80%以下になるように蒸溜する必要がある点が異なります。

「熟成樽」

スコッチとバーボンは、熟成する樽にも違いがあります。

スコッチを熟成させる際は、シェリーやワイン、バーボンなどの貯蔵に使用された古樽を使います。

使用済の樽を使うことで、ウイスキーの香りや味わいに複雑さが生まれるのがスコッチの特徴です。

一方、バーボンでは基本的に新品の樽を使いますが、樽の内側をバーナーで焦がしてから使用するのが一般的です。

この工程が、バーボン特有の野性味あふれる味わいを造り出しています。

なお、熟成期間はバーボンよりスコッチのほうが長めです。

スコッチとバーボン…味わいの違い

同じウイスキーでありながら、いろいろな違いがあるスコッチとバーボン。当然ながら、味わいもそれぞれ異なります。

スコッチは一度使用された古樽を使うため、樽の影響を受けにくいのが特徴。

また、熟成がゆっくり進むため、ほのかな甘味のまろやかな味わいに仕上がります。

スコッチの甘味は、上品な甘さ、複雑な甘さとも表現されます。

一方のバーボンは、焦がした樽の影響を受けて、はっきりした味わいになります。

樽由来のバニラのような甘味や香ばしさ、力強さを、よりダイレクトに感じられるのが特徴です。

おすすめの記事