これからはテレワークからワーケーションの時代!?政府の提言

政府は7月27日午前、首相官邸で観光戦略実行推進会議(議長・菅官房長官)を開きました。

そこで、リゾート地などで余暇を楽しみながら仕事もする「ワーケーション」を推進する方針を確認したのです。

新型コロナウイルスの感染拡大で働き方が多様化していることに着目。

観光業界を支援する狙いがあります。

ワークとバケーション

ワーケーションは、ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた造語。

職場以外で仕事をするテレワークの一種です。

菅氏は「新しい旅行や働き方のスタイルとして普及に取り組みたい」と述べています。

そして、宿泊施設でのWi―Fi(ワイファイ)整備などを支援していく意向を示したのです。

国内の観光地は新型コロナで打撃を受けています。

政府は、ワーケーションを新たな振興策の柱に位置づけたい考えです。

菅氏は、休暇の取得や分散化を促進する具体策を関係省庁で検討するよう合わせて指示しました。

インバウンドの落ち込みも

海外からの旅行客も大きく落ち込んでいます。

会議では、新型コロナの収束後を見据え、誘致に向けた取り組みを引き続き進めることで一致しました。

具体的には以下の2つです。

  1. 海外富裕層向けの高級ホテルの誘致
  2. 外国語による案内表示の充実――などに集中的に取り組む

Go To トラベルは推進

一方、感染者数は高止まりしており、観光振興には感染対策が重要になります。

菅氏は、政府の観光支援事業「Go To トラベル」について、

「感染対策と経済活動の再開の両立という基本方針に沿って、キャンペーンをうまく活用してもらいたい」と語っていました。

ネットの声

「余暇を楽しむか仕事をするかのいずれかにしなければ,効率は悪くなるだろう。オンとオフはハッキリ分けるべきだ。」

「余暇を楽しみながら仕事する…って。結局、休暇取ったけど仕事しなさいよね…って言ってるよね。
有休消化しないとうるさいから、形だけ休暇にして仕事せざるを得ない事を容認してるみたいだね。」

「マスコミもマスコミです。ワーケーションなんて、海外では通じませんよ。何で、日本は勝手に英語の造語を作るのですかね。日本語の造語ならばOKです。だって、世界に通じようと日本で通じればいいのですから。言葉の短縮化、スマホなんて言っても、海外では通じませんよ。スマートフォンならば通じますが・・・。」

ワーケーションは和製英語ですね。

状況によって変化していくのはわかるのですが、「プレミアムフライデー」は跡形もなく無くなりそうです。

オンオフの切り替えが難しい時代になっていくのでしょうか。

おすすめの記事