5月14日に放送されたラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。

14年に番組からの卒業した相方の矢部浩之が、5年半ぶりに番組復帰すると発表されました。

レギュラー復帰は、岡村が直接打診したそうです。

ナイナイのオールナイトニッポンで

「岡村によれば、失言による謝罪放送後の5月3日、今の時代のラジオに変えていくためにどうするべきか、スタッフと長時間の会議が行われたとのこと。その話し合いの結果、『もう矢部浩之しかいない』という結論になったようで、岡村自ら相方に電話で打診したそう。この時、矢部は『岡村のオールナイトニッポンが終わるか、ナイナイのオールナイトニッポンをやるかの二択しかない』と思っていたようで、復帰を快諾したと明かしました」(テレビ誌記者)

公開説教が話題に

そんな矢部は、炎上後初となった4月30日の放送で、岡村への公開説教を行い、大きな話題となりました。

しかし当日は、ギリギリまで出演を迷っていたというのです。

岡村の炎上を知った矢部は、マネージャーに『キツかったら、(ラジオに)行くで』とLINEを送っていたのだとか。

とはいえ、炎上後初となる4月30日の放送から出るかどうかは当日まで迷っており、1週間様子を見ることも考えていたそうです。

青木裕子の一言で

当日の夕方、普段は仕事に口出しをしないという妻の青木裕子が、洗い物をしながら『行ってあげたら』と声をかけてきたとのこと。

最終的にこの言葉が矢部の背中を押し、岡村を救うことになったようです。

このエピソードにネットでは

『素敵な奥さんだね』
『青木さん、本当にカッコイイよ。彼女のような嫁が欲しい』
『フェミとは大違い!』

と称賛の声が殺到しています。

一時は番組の存続が危ぶまれていた岡村のオールナイトニッポン。

矢部夫妻が動いたことで、ファンが歓喜する最高の着地点となったのです。

ネットの反応

「当初、もはやこれは相方も愛想をつかして何も言えないだろうなんて思ってたら、思いもしない展開で、感動したし、自分も自分を見つめ直すきっかけをもらった。やべっちもそうだし、青木裕子も、さすがに巻き込まれたら思い関わったら大変、と自分は思ってたけど、この夫婦は違った。不快だった思いを晴らしてくれて、応援するしかなくなった。」

「もちろんこれを美談にしてはいけない。しかし青木裕子さんはバラエティの時も空気を読めるいいキャラだった。しかも矢部氏が「俺の仕事に口出すな」的な人だったら実現していなかったことでもある。良い相方に恵まれたことを感謝するしかない。」

「「ここ一発」の嫁の一言は、凄い時がありますよ。今までの無礼を詫びたいくらいの凄い一発があります。私は何度か経験しています。これを投稿前に嫁にそう言ったら「それは貴方の感性なのね」と微笑まれて余計に怖くなった。」

某粘着NPO理事にコンビで立ち向かってほしいです。

どうしても、ANNの言い回しの最後の3行を皮肉った発言が許せないんですよ。

おすすめの記事