西田敏行(72)が理事長を務める「日本俳優連合」の俳優や声優への実態調査アンケートで、仕事が減って貯蓄を切り崩したり、借金をする必要があると答えた人が8割近くいることが3日、分かりました。

キャンセルが急増

3月31日から実施し、4月2日午前までに528人の回答がありました。

うち78%が「2月以降にキャンセルになった仕事がある」と答えたのです。

3月以降については「蓄えを切り崩している」「蓄えを切り崩しても足りず、借金をする必要がある」と答えた人が計80%近くいました。

中止になった公演の出演料については「いずれの作品でも支払われなかった」と75%が答え、「一部またはすべての作品で支払われた」は24%だったのです。

政府の貸し付けについては「借りたいと思わない」が87%を占め、理由は「返せないと思うから」が47%でした。

国に求める自由記述では

「自粛不況で死ぬ人が多いのではないかと懸念します」
「とにかく現金を給付してほしい」

など切実な訴えが多くありました。

俳優連合国際事業部長の女優森崎めぐみは

「思ったよりも、生活が逼迫(ひっぱく)し、生きていけるのかというところまできている。国としても考えていただきたい」

と危機感をにじませています。

渡辺謙の主演舞台「ピサロ」1日~13日まで休演

東京・渋谷のPARCO劇場は1日、俳優の渡辺謙(60)が主演する舞台「ピサロ」をこの日から13日まで休演することを発表しました。

東京都の夜間、週末における12日までの外出自粛要請を受けて判断したということです。

当日の公演も中止になったことについて「お客様には急な決定となりましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。

これまでも消毒用のアルコール設置、赤外線サーモグラフィーによる体温測定、看護師の常駐など感染予防対策をしていたのですが、安全を最優先に休演を判断したということです。

インカ帝国征服をもくろむスペイン将軍ピサロ(渡辺)と、若きインカ王アタワルパ(宮沢氷魚)の物語。

渡辺にとって、1985年に旧PARCO劇場で山崎努(83)と共演して注目された出世作。

当時、山崎が演じたピサロ役に挑む渡辺は1月の会見で「35年前の作品に負けないように」と語っていました。

クドカン感染で状況さらに深刻化

宮藤の新型コロナ感染は、1カ月近くにわたる休演続きで収入が断たれている演劇界にさらなる衝撃を与えています。

政府の自粛要請自体に強制力がないため、最終判断は主催者側に委ねられているのが現状。

KinKi Kidsの堂本光一(41)主演のミュージカル「Endless SHOCK」は一度開幕を延期したのですが、その開演当日になって中止を決定。

その後、3月いっぱいの公演全てが取りやめになりました。

また、宝塚歌劇団も開催後に中止し、改めて再開したものの3月いっぱいの公演中止をさらに延期するなど対応が二転三転。

演劇界は大変な苦悩を強いられています。

宮藤は発症するまで舞台の稽古に参加していたということですが

「稽古場はどこも密閉された空間のため、1時間おきに扉や窓を開けるなどみんな工夫して取り組んでいる」

と舞台関係者。

しかし、今回の感染で

「出演者側からも今後さまざまな声が出てくる。舞台を取り巻く状況がさらに深刻化するのは間違いない」

と受け止めています。

ネットの反応

「別に俳優業の問題ではなく、フリーランスの仕事全体の問題。収入が減った証明ができれば、一世帯当たり最大30万給付になりそうだから、それを使えばいい。俳優業だけ特別に補償とかは絶対にあってはならない。」

「貰ってる人が貰いすぎて下がこういう時に食っていけなくなってる訳だから、これを機に給料制に移行するべき。 まぁ貰ってる人が抵抗するだろうけど、もし税金を特別に投入するならこういう条件をつけるべき。」

「は?俳優なんて、根無し草を覚悟でなるものだろ?なんでそういう連中が、困ったら政府を頼るんだよ?だったら最初から、一般企業で働け。」

サラリーマンと違って夢のある職業ですからね。こういうときに国を頼るのは何か違うような気がしますし、苦境に陥った場合の救済措置はすでにありますからね。

おすすめの記事