山口智子・唐沢寿明夫妻…仲睦まじく腕組みデート

山口智子 唐沢寿明と腕組みデート!結婚25年目も変わらぬ絆

日も暮れた夜6時ごろ、談笑しながら都内の繁華街を歩く夫婦。

マスク姿でも仲のよさが伝わってくるその2人とは山口智子(56)と唐沢寿明(57)です。

山口智子の誕生日

初めて訪れるお店なのか同じ道をいったりきたりしながら、ようやくお目当ての小さなすし店を見つけると、2人は吸い込まれるようにのれんをくぐっていきました。

10月20日、この日は山口智子の56回目の誕生日だったのです。

「1人あたり3万円弱の高級店で、数年前にオープンしたばかりですが、すでに予約の取りにくい人気店として有名です。また店主はミシュランで三つ星を獲得した名店で修業を積んでおり、美食家たちからの人気も非常に高いお店です」(グルメライター)

腕を絡めて

数時間後、女将に見送られながら店をあとにする2人。

お酒も入って上機嫌な様子の山口は自然に唐沢に腕を絡ませる。そのまま肩を寄せ合いながら2人は夜の街に消えていきました。

「結婚以来、誕生日は2人きりで祝うことが夫婦のルールです。唐沢さんは毎年この時期、山口さんからリクエストを聞いては誕生日ディナーのお店をチョイスするそうです」(山口夫妻の知人)

95年12月に結婚し、25年たった今も変わらぬ絆をみせた2人。

13年6月にも、唐沢の誕生日に腕を組みながらイタリアンレストランでのデートに向かう夫婦の姿を目撃されています。

語ったラブラブ生活「一緒にいるときはくっついていたい!」

“アラ還”に差し掛かったが、いまだに“新婚の輝き”を失っていないようです。

「数年前、バラエティ番組で山口さんは『一緒にいる時間は、できるだけくっついていたい』と話しており、今でも毎日、手をつないで一緒に眠るそうです」(前出・山口夫妻の知人)

銀婚式目前でもラブラブな山口と唐沢だが、どちらかと言えば少数派な気も……。

旭化成ホームプロダクツが’13年に30~59歳の夫婦を対象に行ったアンケートによると、手をつなぐ夫婦の割合は33%。

しかし、夫婦問題にも詳しい精神科医の田村毅氏はスキンシップの重要性をこう語ります。

「日本では結婚期間の長い中高年はスキンシップが少ないです。年を取ると、お互いに興味をなくしていく傾向にあり、子供ができるとより強まります。スキンシップは、コミュニケーションの一種です。好きな人と触れ合うことでストレスが和らぎ、安心感が得られます。そうして、夫婦関係も緊密になります」

スキンシップで愛を確かめ合いながら、山口と唐沢の夫婦生活はこれからも続いていきます。

ネットの声

「ほんと、いい夫婦だなと思う。
この2人は、子供を持たない選択をしたからこその仲なのだと思う。」

「本当に素敵なご夫婦。25年連れ添っても変わらずに自然と仲睦まじく過ごせるってなかなか出来ない。本来、夫婦ってものはこうじゃなきゃ成り立たないと思う!それに比べてうちは……あぁぁ。本当に羨ましい!!」

「素敵だなって、素直に思う。この年代で、こんなに自然に腕を組めるのって、なかなか無い。ずっとこのままでいてほしい。」

アラ還世代の鑑のような夫婦ですね。

おすすめの記事