ヤマハSR400がついに生産終了…ファイナルエディション発表 タイではずっと作るらしいけどね

43年の歴史に幕 ヤマハのロングセラーバイク「SR400」に最終モデル登場

ヤマハ発動機は2021年1月21日、中型二輪モデル「SR400」の国内向け生産の終了に合わせ、

「SR400ファイナルエディション」「SR400ファイナルエディション リミテッド」を、同年3月15日に発売すると発表しました。

1978年にデビュー

SR400は、400ccクラスの空冷単気筒エンジンを搭載したクラシックなネイキッドモデル。

初代のデビューは1978年のことで、ビッグシングルの心地よい鼓動感や、シンプルなスタイル、

今となっては貴重なキック式スターターの採用などから、今日に至るまで根強い人気を保ってきました。

ファイナルエディションは2色を用意

SR400ファイナルエディションは同車の最終生産モデルにあたり、カラーリングには歴代モデルをほうふつさせるグラフィックパターンを用いています。

シンプルな“ダークグレー”と、親しみやすくぬくもりを感じさせる“ブルー”の2色です。

歴代モデルをほうふつさせるカラーリングを採用

一方、SR400ファイナルエディション リミテッドは、1000台限定で販売される特別仕様車。

カラーリングには「多くの歴代SRファンに愛されてきた」(プレスリリースより)という“ブラック”を採用。

  • 職人の手作業によるサンバースト塗装のフューエルタンク
  • シリアルナンバー入りの電鋳(でんちゅう)エンブレム
  • 真ちゅう製の音叉(おんさ)エンブレム
  • 本革調シート
  • 新色アルマイトのホイールリム
  • 黒い文字盤に「Final Edition」のロゴを記した専用メーター

などを装備しています。

価格はSR400ファイナルエディションが60万5000円、SR400ファイナルエディション リミテッドが74万8000円。

ネットの声

「あー、ついにこの時が来たかぁ・・・残念! 毎年、厳しくなってバイクメーカーも大変だね・・。でもアメリカでもあるようにクラッシック枠みたいな特別枠が欲しいよね。 ここまでくると日本の産業遺産だよね。 古い自動車の超過税といい、世界的なバイクや車の生産国である日本の役人が何の理解も無いのが残念すぎる。」

「今年ファイナルを迎えることがほぼ確定的だったので、去年思い切って購入しました。30年以上バイクを乗ってきて、いつかはSRに乗りたいと思いながらアラフィフになってしまい、もうこれが最後の機会だと思うと、いてもたってもいられず買いました。キックでしかエンジンを掛けられない。原二スクーターより遅い。ガソリンゲージもない。それでもSRは他のバイクでは得られない唯一無二の魅力的なバイクです。初めて手に入れて心底そう思います。いつまでも大事に乗っていきたいと思います。」

「生産終了という言葉より「引退」という言葉がふさわしいバイク。好き嫌いを超越したこのバイク。ずーっと語り継がれるバイク。このバイクを延命させることに尽力したヤマハの職人に感謝。」

今回は正真正銘のファイナルのようです。販売期間が長かっただけに一つの時代の終わりを感じさせます。

おすすめの記事