「ヤマトさん最高やな」 クロネコヤマトに『置き配』を頼んだら...

ネットの普及によって通信販売の利用者が増加している現代。

運送業の仕事量は増え、中でも手間のかかる再配達は問題点となっています。

そこで、大手通販サイトであるAmazonは、『置き配』サービスを開始。

『置き配』とは、条件を満たしている場合、指定した場所に荷物を置いてくれるというもの。

玄関対応やサインが不要のため、配達員と利用者どちらにもメリットがあるのです。

クロネコヤマトに『置き配』を頼んだら…

ヤマト運輸(通称:クロネコヤマト)は、Amazonと提携している運送会社の1つ。

ある日、荷物を『置き配』で受け取ることにした、taka.(@Jellybeans_5963)さん。

荷物を受け取るために玄関を覗いたところ、一風変わった置き方がされていたのです。

Twitterに投稿された写真

荷物はビニール袋に入れられ、玄関のドアノブにくくり付けられています。

粋な計らいに感謝

きっと、地べたに置くと荷物が汚れてしまうため、配達員はこういった配慮をしてくれたのでしょう。

親切な取り組みに、荷物を受け取った投稿者さんは心が温まり、

「ヤマトさん最高やな」と思ったのだそうです。

『置き配』では、利用客と配達員は対面することがありません。

配達員の行動からは、真のホスピタリティを感じますね。

ネットの声

「置き配はかなり便利…家にいても応対する必要もないしね」

「すぐにメールが来るから自分で勝手に取りにいったらいいし。置き配はこれから流行ってほしい」

「普通のアパートとかはどんな感じになるんだろう」

住居の形でいろいろなケースがありそうです。

でも置き配いいですね。

おすすめの記事