山里亮太43歳。

「情けなくてね、自分が…」教習所通いも手続きからつまずきました。

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」山里亮太(43)が8月5日深夜、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「JUNK 山里亮太の不毛な議論」で、自動車免許取得のため教習所に通うことを報告。

入校までのドタバタぶりを明かしました。

自動車免許取得を思い立つ

リスナーに「ついに思い立ちまして、自動車免許を取ろうと思いまして。43にして」と報告。

既に入校手続きを済ませたことを明かしました。

ところが、手続きの過程で情けない出来事を連発したのです。

「ビデオ(レンタルの)会員になるくらいのテンションで行った」という山里。

手続きに必要な書類を一切持たずに行ったというのです。

「住民票っているんだね。あと印鑑。さらにパスポートもよ?全部なしで行ったから、向こうもビックリしたよね」と打ち明けていました。

住民票ですら…

妻で女優の蒼井優(34)に報告したところ、「そうだね。覚えたね?必要なもの教えてもらってきた?」と優しく返されたといいます。

「『できるかい?』って言うから、『なめてもらっちゃ困る。43』。住民票、取れます」と豪語して住民票を取りに行ったものの、再びハプニングに。「住民票」、「2」と表示された画面の「2」の部分を何度押しても反応しなかったそうで、「触っても変わらない。『タンッ』ってやったら、3に変わったの。待ってる人数のボタンだった。情けなくてね、自分が」

と恥ずかしい勘違いを振り返っていました。

免許はオートマ限定

これまで交通ルールには疎かったようで、道路標識はおろか「今のところ、信号しか分からないのよ。信号もあいまい」というのです。

免許の種別も、蒼井から「(マニュアルは)絶対無理だよ」とキッパリ言われたことから、「オートマにしました」と明かしていました。

ネットの声

「結婚して以来、奥さんに送り迎えされてるのが「申し訳ない」って思いもきっとあったんでしょうね。40過ぎてからの免許取得は色々と大変だと思いますが頑張って下さい。今度は奥さんを助手席に乗せてドライブを楽しめたらいいですね。また教習所でのエピソードもラジオで面白おかしく聞かせて欲しいです。」

「まぁ多少は時間が掛かると思うけどAT限定だし感覚を覚えれば大丈夫だね。運転は楽しいし、芸人さんなら色々なネタ元になる事にも遭遇すると思うから免許取得は良いと思います(^^)」

「誰だって経験しないと分からない。芸能人だからとかは関係無いと思います。ただ芸能人は心無いバッシングの対象になってしまうのは有名税ですね。」

コロナ禍で免許取得を考える人が多く、反対に教習所側は人数制限をかけているそうです。

事前にしっかりチェックすればよかったものを手ぶらでいくとは…

おすすめの記事